関西ならでは その1

小女子(こおなご)くるみ

 ウチの彼女は小学生まで熊本に居たので、今でも俺の解らない九州弁を使ったり、俺の大阪弁が解らなかったりする。

 例えば「煩わしい」事を「やぜらしい」とか言うし、「てんごすな!」これは大阪弁で「イタズラするな」の意味なのだが、それが解らなかったりする。

 今日も買い物に行ったら、向こうから大声で(写真)を手にして 「ぐっちゃーん! オ〇コー!」


 顔から火が出た。


 以前にも似たような商品で「オ〇コの佃煮」と連呼して俺が逃げ出した事を、彼女は忘れている。

 知らない人は居ないと思うが一応解説しておくとこれは「コオナゴ」と読む。 「イカナゴ」とも言うが決して「オ〇コ」ではない。

 そんな商品名で店頭に並べられたら大阪は街中パニックである。

 スーパーの店長だってうっかり女子社員に品出しが頼めないではないか。

 鮭缶なら気軽に「あーヤマモト君、鮭缶出して」などと頼めるが、「どこでですかっ!!」と聞かれて「そらーキミ表の一番目立つトコやがな。いっぱい出しといてや~!」

 セクハラで訴えられる事、間違いない...



投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 関西では春の風物詩である「いかなご」(釘煮、と呼ばれる佃煮状の煮物にするのが一般的)が、ぐっちゃんの彼女にかかったら、放送禁止用語になってしまうのだから、方言というのは奥が深いものである(どこが~??)



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

3 Comments

TAKA_1

ただ一言

日本語は、日本人にとっても非常に難しい!

  • 2008/03/15 (Sat) 07:03
やさい

言われてみれば

これ、素直に「お○子」って読めますね。そういえば萬古焼とか、なかったかなぁ?

  • 2008/03/15 (Sat) 07:56
ほりたま

方言、恐るべし…

もう、いかなごの釘煮が出る時期なんやね~(о^∇^о)

  • 2008/03/15 (Sat) 18:30