看護婦さん、僕をトイレに連れてって!

看護婦さんとM.S
*画像はイメージです。

 最近、3週間以上も患っていた肺炎からやっと復活したけれど、最初はトイレに行くにも立ち上がれず、布団に洗面器を持ち込んでソレに用を足していた。(後からまとめて彼女にトイレに流してもらっていた)

 できれば入院したかったのだが、近くの病院のベッドも空いておらず、また、経済的な負担も少なからずかかるので自宅で療養していた。

 こんな時、思い出すのが、以前、腎臓結石で救急車で搬送された時に看護婦さんにトイレに連れていってもらったことだ。

 点滴をしながら看護婦さんに付き添われて、「ハ~イ、いっぱい出して下さいねぇ!」 とか言われて、看護婦さんの白い手が僕のOOOを持ち上げる...

 「出ましたネ。たくさん、出ちゃいましたねぇ~!」 少々、舌足らず気味のエロかわいい看護婦さんの声。


 ああ、今回も入院しとけばよかった。そして、ナース・コールのボタンを押して、甘えながら・・・こう叫びたかった。


「看護婦さん、僕をトイレに連れてって~!」



投稿者: Anthony



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

4 Comments

be-free

俺もアッガイになりたいです(笑)

  • 2008/02/11 (Mon) 21:48
キムチネコ 

なぜか「トイレ」という課題が多いですね、流行っているのかトイレの課題は・・・

  • 2008/02/11 (Mon) 22:01
ルドルフ

無事の復帰、おめでとうございます。これからはお体を御自愛下さい。

しかし、編集長は最近、記事をあまり書かなくなりましたが、書かれるとこういうバカげたエッセイ。

楽しみにしてますので、これからもたまには書いてください。

  • 2008/02/12 (Tue) 01:32
tanoken

編集長!復帰おめでとう(^○^)
これからもバカネタを期待してますので、いっぱい笑わせて下さい。

  • 2008/02/12 (Tue) 19:44