第2回 エッチなパンツと若松孝二

やさい嬢 所有のエッチなパンツ
やさい嬢 所有の「エッチなパンツ」(シミの有無は不明)

若松 孝二

 氏の名前を初めて聞いたのは、ワシが中学生の頃上映された『キスより簡単』(原作は、 石坂 啓 の漫画)だ。

 中学生の頃は、映画など容易に見に行ける環境ではなかったし、また、興味も無かった。

 しかし、いつしか若松氏が「ピンク映画の巨匠」であることを知るの
であった…。

 その巨匠が昨年完成させた『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』を見た。

 その日はたまたま名古屋市街に用があった。時間がかかると思った件があっさり済んでしまい、さて、どうするかとビールを飲みながら考えていた。

 時間は夜6時。シネマスコーレで面白いレイトショーがあったら見て行こう。


 そう思い、名古屋駅から、歩いて5分の映画館へ。

 大体、レイトショーは8時ぐらいが多いのだが、6時40分からだという。

 えぇ?190分!!

 なんと3時間10分の大作である。

 なっ、長い!

 と思ったが、他に、これといってすることも無い。

 見よう。

 はじまりは、実録映像をふんだんに使い、連合赤軍 発足までの流れを見る。

 これは、この辺りに詳しい人、又は当時を経験した人でなければ、すぐには分からないだろう。

 正直、ワシはチラシの関係年表を見てやっと少し分かった程度だ。

 連合赤軍は、山岳ベースを作り、武力闘争の為の訓練を始める。

 なんだ?こいつら。

 凄い体力だ!

 だって山なんかロクに食料が無いし、当局に追われている身で、映像で見る限り1人20~30キログラムはあるか?!という荷物を背負って逃げるのだ!!

 ワシはたぶん、この段階で死ぬ。当局と戦うには、これくらいで音をあげてはいけないのだ!!

 そして、良く論理が分からない「総括」の名の元に、集団リンチが始まるのだ…。

 「男に媚を売るのは共産主義化に反する」と、永田洋子からの命令で、自分自身の顔を殴り、ついには死亡した遠山三枝子さんを、坂井真紀が壮絶に演じ切る。

 若松監督の撮り方は徹底的だ。これでもかという暴力を、短時間で終わらせることなく見せる。

 遠山さんが自主リンチから死亡するまでのシーンは本当に凄惨で、見ていて気持ちが悪くなった。

 しかも、なんと遠山さんと若松監督は、実際の知り合いだったのだ!

 遠山さんは、若松監督の映画「赤軍‐PFLP・世界戦争宣言」の上映運動を手伝っていたのだ。

 若松監督も、当時は「こいつら許せない」と思っていたそうだが、そこから「同士粛正(集団リンチ)に至るまで、色々なことがあったのでは」と考えたところに、監督としての力量を感じた。

 それはとてつもないもので、ワシの想像なんか、遥かに越えている。

 連合赤軍を見ていて、「こいつら小難しいこと言ってる割に頭悪いなぁ、政治理論は分かっていても、人間の心理や生物学的なことは全く分かっていないじゃないか」と思ったが、かつての(現在でも存在すると思う)学校教育は、似たようなものではなかったか?

 規律を徹底すれば、良くなると考えられ、従わなければ、容赦の無い暴力。

 この非常に知恵の無い図式。

 最後に、あさま山荘の戦いで幕を閉じる。3時間10分、全く飽きない。

 はっきり言って、見ていて楽しい映画ではない。頭にバクダンを落とされるような映画である。

 それでも、この時代の学生のエネルギー、時代のダークな部分を知りたい人は、絶対に見て欲しい。名古屋シネマスコーレで、2月末まで上映。

 東京方面の方、テアトル新宿で2月9日、音楽担当のジム・オルーク氏(元 ソニック・ユース )など、豪華ゲストを迎えてのオールナイトイベントがあるので、若松監督の過去作品に興味ある方は是非!



投稿者: やさい


『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』公式サイト


[編集長-ひとこと]

 今回はついに、やさい嬢のエッチなパンツの画像が掲載(画像を拡大したりして、シミが有るかどうかを確認したりしないように...笑)。

 でも、内容はパンツとは関係なしに、まさかの硬派な映画のレビュー!

若松 孝二 監督作品と著書もチェック!
 



 

[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

10 Comments

雑草Z

色んな意味で、ぎりぎりセーフ!

 連載三回目(本編第2回)にして、今回は期限に間に合わないか?とはらはらしたら、20分ほど残して火曜に投稿出来ましたね!お忙しかったのですか?
×××× ×××× ×××× 
その映画は見てないけど、永田洋子の総括は、単純に個人の嫉妬と性的欲求不満と思いましたが、どうなんでしょう?
 遊びほうけてる学生より、社会の改革を目指す学生のほうが素晴らしいかとは思いますが、永田みたい人とは関わり合いたくないものです。

  • 2008/01/23 (Wed) 00:20
  • EDIT
Anthony

ウチのブログのシステム

は、各ライターがメール送信してきたものや、投稿用掲示板に投稿されてものを、僕が構成・校正して掲載しています。

ので、やさい嬢の原稿は数日前にいただいていたのですが、僕が仕事と家事で忙しかった為に、ギリギリになったしまったのです。

  • 2008/01/23 (Wed) 00:46
早起きオジサン

これはエッチなパンツですね。Tバック?

  • 2008/01/23 (Wed) 12:00
おケイはん

この色と形のパンツで前が開いているのを持ってます。

  • 2008/01/23 (Wed) 12:13
nao

やさいは昔、原発反対運動をしていたよね。今でもかな?

左翼過激派ってね、自らのイデオロギー闘争に原発を利用している面があってね。
それを右翼がまたまたイデオロギー闘争の為に原発推進したりしてね。中々本質が見えてこないのだわ。
やさいがまだまだ原発反対だったら、ぜひぜひ雑草zさんのブログを読破すべし! ねっ、雑草zさん(笑)。

  • 2008/01/23 (Wed) 23:12
雑草Z

原発

naoさん宣伝有難う御座います。
<雑草の言葉>カテゴリーの【原子力】を読んで戴ければ嬉しいです。

当方は、学生時代、原発をやってみたいと思った事がちょっとあります。途方もなく大きなエネルギーを産む原子力に魅力を感じましたし、核燃料開発事業団の所長の娘も美しかったし(何のこっちゃ?)
・・でも調べたら、本当にとんでもない代物でした。原発は人間が作った最低最悪の発明です。

やさいさんが、原発反対運動をしていたなんて素敵じゃあ~ないですか!!!!!

  • 2008/01/25 (Fri) 21:55
  • EDIT
nao

やさいは少し体調不良かな。なでっなでっ(ノ_<。)\(^_^)

焦らず迷わずゆっくりと生活して行こうね。

  • 2008/01/25 (Fri) 22:28
Anthony

Naoさんは原発推進派ですが、僕は廃絶派ですからね。

  • 2008/01/25 (Fri) 22:48
やさい

レス遅れてごめんなさい

やっとこさレス書ける精神的余裕が出てきました…。遅くなってごめんなさい。

>雑草Zさま
永田はですねぇ、遠山さんに非道な仕打ちをしておきながら、彼女自身も、もう一人のリーダー(森恒夫だったかな)と寝てたんですよっ!まぁよくも人のことが言えたもんです。
彼女が自分の顔にコンプレックスを持ってたという話は、レディースコミックで読んだことがあります。

こういうタイプの人間の、一番有名なのがヒトラーではないかなぁ、と思うんです。自国の状況を良くしようという意気込みがあり、圧倒的なカリスマ性で周囲を惹き付け、気が付いたら彼の独裁的ビジョンに、誰も逆らえなかった!…という結果をもたらしたところが。身近な例だとワンマン社長とか…大なり小なり、存在するタイプだと思います。
10年ぐらい前は、反原発の署名を集めていました。
結局辞めてしまったところには、その問題にぶつかってゆく気概が無かったんですね。無責任なんです。

原発は無いに越したことはないと思いつつ、その電気で生活してる矛盾は感じています。
そーいえば、最近あまりにも寒くて、部屋にあった電気ストーブつけたら…

壊れてた!
全然あったかくない!(笑)

  • 2008/01/27 (Sun) 14:10
やさい

>早起きオジさま
これはTです。真っ赤なサテン生地とゆうのが気に入っております。
…冬は寒いです(笑)。


>おケイさま
負けた~っ!穴開きは持ってませんっ!(爆)下着は、目の保養になりますよね。女性ホルモンもアップ…してるんだろーか?ワシ。

>naoさん
お気遣いありがとうございますぅ(T_T)単に先週張り切り過ぎて糸が切れただけなんです。仕事以外はかなりボンヤリしておりました。
イデオロギーが関わってくると、放射性物質の物理・生体的作用とはまた問題がずれてきますね。うーむ。これでゆくと
原発推進→右翼
原発反対→左翼
と普通なりますよね。個々や団体の思惑でこうなってるんでしょうけど、歴史を遡れば、昔はウランの代わりに金銀宝石が問題物質だったのでは?!と考えていました。歴史に詳しくないので、推測です。

  • 2008/01/27 (Sun) 14:32