その91 迎春

 ご存じの事かと思うがテレビ番組とは企業の宣伝媒体である。

 つまり、食品メーカーであるとか家電メーカーであるとか自動車メーカーであるとかが、テレビ局にお金を払って自社商品の宣伝をする。テレビ局は、もらったお金で番組を製作し、視聴者に観てもらいスポンサーの売上に貢献する。

 つまり、テレビ業界の順位としては、まず大手企業ありきで消費者は二の次と言ってよいであろう。

 過日、親戚が集まって新年会の宴席に着いたのであるが、その時久し振りにテレビを観た。

 何やらタレントがカラオケを歌って、歌詞を見ずに最後まで歌い切ったら、賞金200万円が贈呈されると言う。この番組の存在自体は私自身知っいて、「自分が歌詞を記憶していて、この曲ならば絶対に自信がある曲」をタレントが指定する企画だと思っていたのだが、何と事前の打ち合わせ無しで流れる曲を歌い切るなる企画と言う。

 ありえない。絶対に不可能だ。ピアノの初見演奏練習法でもあるまいし「歌」について素人のタレントが、一言一句間違わずに歌い切るなんて事が出来るはずがない。

 ところが、である。見るとはなしに見ていると、次から次へと賞金200万円を持ち帰っているではないか。

 確か昨年我が国を揺るがしたのは「偽」、つまりヤラセではなかったのか?

 歌であれ、俳句や百人一首であれ、文章を脳体の海馬に記憶するのは、それなりのトレーニングが必要だ。人間そんなに簡単に記憶が出来るのなら、受験勉強なんて必要ない。よって、かの番組は100%「ヤラセ」と断言してもよいであろう。

 それにしても深く思うのが、200万円である。私の知人に不幸にして夫と離縁されて、女手一つで子供一人であれ三人であれ育てられている方が何人かおられるのだが、睡眠時間は4~5時間程度で、起きている時以外は働き続けて、それでも時間が足りないので食事は冷凍食品が主流だと、おっしゃられている。

 そんな方々の手取り年収がおよそ180万円から200万円程度なので、カラオケを歌って200万円を貰って喜んでいるタレントは、まったくの無知か、知っていても心が痛まない冷たい人間かどちらかだろう。

 そして、テレビスポンサー企業もそんな無駄遣いをする資産があるなら、少しでも母子家庭や零細企業に勤めるお父さんの家庭に還元する方が、よほどクリーンな企業イメージを宣伝出来ると考える。

 否、そもそも化学薬品まみれで売上重視のこの無機質な我が国日本社会を、心暖まる家庭の団欒と美味しい食卓の国へと導くのがマスコミ、大手企業、そして政治家の役目ではないだろうか。

 もうそろそろ、そんな時代に帰るべき時ではないだろうか。以上短稿にて。


 以下、私言。

 お正月の過ごし方も皆さま色々とあられたでしょうが、目に付いて思ったのがコンビニの店員さんです。

 恐らくは学生さんのアルバイトで「これもバイト」と割り切られておられるのでしょうが、毎年の事ながら少し違和感を感じます。

 やはり日本人として年末はバタバタと走り回り、そしてお正月は「ヒマだヒマだ」と言いながら神社にお参りし、お墓参りをすませ、親戚や親しい友人にお年賀訪問の挨拶に向う。

 そんな当たり前の国に非力ながら少しずつでも戻して行きたいと考えている次第であります。

 あらためて本年もよろしくお願い申し上げます。

 ブログランキングに参加しております。日本の心の琴線に触れられた方はクリック投票をお願いいたします。



投稿者: Nao



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

4 Comments

コンビニ店員をさっき辞めた人

時給安いし、立ちっぱなしだし、覚える事多いし、むかつく客にも接客しないといけないし、強盗入るし、店の前は不良のたまり場でゴミ&吸殻&タンだらけだし、正月はバイトの学生クンが帰省していなくなってシフト過密で寝る時間も無い...

コンビニのバイトなんか、やめてやった。

  • 2008/01/07 (Mon) 13:24
nao

コンビニ店員をさっき辞めた人さん、お疲れ様でした(笑)。 確かに大変だと思います。賢明なご判断だと思います。
店員さんも大変ですしルートドライバーさんもかなり過酷な労働のようです。経営母体だけが得をして、誰もが損をする世界。それがコンビニ業界と言ってよいでしょう。

  • 2008/01/07 (Mon) 21:53
縞猫

たまたま「歌がうまい~」に出演していた出演者の密着映像を見ました。まあよく働く!番組には夕方から入って夜中1時2時くらいまで収録で缶詰でした。当日は早朝からずっと仕事だったのに!

決して楽して儲けているわけではないと思います。たとえヤラセでくだらない内容だったとしても、面白く盛り上げて結果(視聴率)を出すのが出演者のノルマですから、くだらない偽番組のほうがかえって負担が大きいかもしれませんね。

ちなみに36時間不眠不休で年末年始を乗り切った芸人さんがいたらしい。芸能界では日常茶飯なのかも・・・

  • 2008/01/07 (Mon) 23:10
nao

縞猫さん、確かにその意味でも芸能タレント諸氏はハードスケジュールの上に使い捨ての方々が多いと感じますが。
僕自身、以前に何度かテレビに出た事があるのですが、ロケのデタラメな事デタラメな事。
無論、現場スタッフも出演者さんも真面目なのですが、製作に当たり視聴者ではなくスポンサーに目が向いている驚くべき事実です。
関西電力がスポンサーの番組は「火」を一切見せてはいけません。
タレント諸氏も生活が大変でしょうが、だからと言って「ヤラセ」に手をそめてよいのでしょうか。
僕の大好きな松居直美ちゃんが200万円持っていきました。
信じたくないです。

  • 2008/01/07 (Mon) 23:42