最終電車で終点まで寝ている乗客

最終電車で終点まで寝ている乗客は顔が無い



私は駅員です。


 一番嫌な仕事は、最終電車で終点まで寝ている乗客を起こすことです。


 中には 「気持ちよく寝ているのに起こすな!」 とか 「何でもっと早く起こさないんや? 降りる駅を通り越したやないか!」

 と言ってキレる迷惑な乗客もいます。


 ある日いつものように、最終電車で終点まで寝ている乗客を起こすように車掌から言われましたが、


 「この乗客は気持ち良く寝ているので、寝かせてあげましょう」 と車掌に言いました。







投稿者: Tanoken

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!





[編集長ーひとこと]

 今回、Tanokenの世界(平行世界)からの通信を受けて、原稿をチェックしていたら 「Tanokenの世界」 らしくもない、ふつうの日記なのかと思った。

 サラリーマンをやっていたハズなのに駅員に転職したのか?と思ったぐらいでした。

 以前から、農業をやったり、田舎の村の村長をしたり、謎の審査委員長をしたり、と、やたらと転職しているものだから、気にも留めなかったけれど。

 駅員といえば、過去にこのブログで連載記事を数本、担当していただいたBarのマスターぐっちゃんも若かりし頃は、京阪電車の大阪の区間で駅員や車掌をやっていたそうで、たいへんな仕事だったとボヤいておられてました。

 で、寝ている乗客の画像を見て、、、 ビックらこいた、、、 びっくらポンや!


 乗客の顔が無い! 


 これは、Tanokenさんならずとも、起こしてはいけない客だ!

 このまま終点?というか、あの世まで行ってもらわないと。。。。

 
 
関連記事

コメント 29

There are no comments yet.
utokyo318
2024/03/02 (Sat) 06:47

本当に、顔が消えていますね(O_O)
駅員さんも、いろいろ大変ですね。
当直で始発に寝坊しないようにする道具もあり、びっくりしました!

宮崎の勤
2024/03/02 (Sat) 09:07

この乗客、右に首を曲げてるだけじゃないのか?
て、思ったらこの体勢から90度直角に首を曲げるのは無理だよな?
首無し!心霊写真かあ!!

霧島
2024/03/02 (Sat) 15:56

なんか、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のワンシーンのようですね!(笑)

途中で銀河鉄道に乗って来る、黒い服と黒いコートを着た家庭教師の
青年と姉弟という3人連れ。彼らは、「氷山にぶっつかって船が沈みましてね。
それでここに来た」とジョバンニたちに話すのでした・・・
なんだか怖いですね!(爆)

ちるちるみちる
2024/03/03 (Sun) 01:53

首の無いマネキンに服を着させて座らせてるとかじゃ?

Tanoken
2024/03/03 (Sun) 10:52

Utokyo318さん、この人は生活苦で顔が無いのですかね(笑)
宮崎の勤さん、心霊写真を鑑定してもらうサイトがあるようですが僕は怖いので
見れなかったです。
霧島さん、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は本当に名作ですね。若い人にも是非
読んで欲しいですよね。
ちるちるみちるさん、首の無いマネキンてあるのでしょうか?
皆さん、コメントをありがとうございます。
もちろん「Tanokenの世界」なので信じないで下さい。

トーカイ
2024/03/03 (Sun) 15:30

前回の大仏が走る画像と同様にAIの画像生成させたんじゃないでしょうか

akakad
2024/03/04 (Mon) 20:54

いやはやこのような現象がある世界は実に奇妙ですね

Noriちゃんねる
2024/03/04 (Mon) 21:28

こんばんは

なんか怖い画像ですね(*_*;

シャア
2024/03/05 (Tue) 00:45

首なしのゾンビ騎士、デュラハンだろ?これは、

さえき奎(けい)
2024/03/05 (Tue) 21:36

Tanokenさん/Anthonyさん

これはですね。
疲れ果てたサラリーマンが、早く家に帰りたいという念が強すぎて、肉体だけが先に家にテレポートしたのではないかと・・・。

今井政幸
2024/03/06 (Wed) 07:38

頭を光学迷彩で見えなくしてあるだけ。かな?
肉体はたしかに存在しているというか、肉体の質感はあるもの。

Tanoken
2024/03/06 (Wed) 19:04

トーカイさん、AIの画像生成なんてスゴイことは僕にはできませんよ。
akakadさん、Noriちゃんねるさん、こんな世界が本当にあれば怖いですよ。
シャアさん、ゾンビ騎士デュラハンが分からなかったので、ネット検索したらドラクエに出て来るモンスターですか?
さえき奎さん、今井政幸さん お二人のツッコミで大笑いしました。

Anthony
2024/03/06 (Wed) 20:35

さえき奎 さん、

>疲れ果てたサラリーマンが、早く家に帰りたいという念が強すぎて、肉体だけが先に家にテレポートしたのではないかと・・・。

 愛する人に会いたい気持ちが嵩じて、生霊になって会いに行くっていうやつの逆パターンですか?

 生霊(いきりょう)じゃなくて、生身体(いきたい)か、、、(笑)


 

さえき奎(けい)
2024/03/07 (Thu) 00:10

Anthonyさん

>>疲れ果てたサラリーマンが、早く家に帰りたいという念が強すぎて、肉体だけが先に家にテレポートしたのではないかと・・・。
>
> 愛する人に会いたい気持ちが嵩じて、生霊になって会いに行くっていうやつの逆パターンですか?
> 生霊(いきりょう)じゃなくて、生身体(いきたい)か、、、(笑)

彼が、疲れて早く布団で眠りたかっただけなのか、美人の新妻と一刻も早く○○○したかったのか・・・。
生身体(イキタイ)であるとするなら、後者の可能性が高そうです(笑)。

Anthony
2024/03/07 (Thu) 20:47

さえき奎 さん、

>>愛する人に会いたい気持ちが嵩じて、生霊になって会いに行くっていうやつの逆パターンですか? 生霊(いきりょう)じゃなくて、生身体(いきたい)か、、、(笑)

>彼が、疲れて早く布団で眠りたかっただけなのか、美人の新妻と一刻も早く○○○したかったのか・・・。生身体(イキタイ)であるとするなら、後者の可能性が高そうです(笑)。

 やっぱり、イキタイし、ダシタイし、、、、(笑)(爆)

さえき奎(けい)
2024/03/07 (Thu) 21:08

Anthonyさん

>>彼が、疲れて早く布団で眠りたかっただけなのか、美人の新妻と一刻も早く○○○したかったのか・・・。生身体(イキタイ)であるとするなら、後者の可能性が高そうです(笑)。
>
> やっぱり、イキタイし、ダシタイし、、、、(笑)(爆)

このくらいはFC2的にもセーフなんですね(笑)。

若い頃、電車で寝過ごして気がついたら操車場(ヤード)だったなんてことが何度かありました。
幸い家がヤードの近くだったんで、遠くの駅で下ろされるよりもラッキーでした(笑)。

Anthony
2024/03/08 (Fri) 22:22

さえき奎 さん、

>>やっぱり、イキタイし、ダシタイし、、、、(笑)(爆)

>このくらいはFC2的にもセーフなんですね(笑)。

 FC2の掲示板サービスでは、コメント入力した時に禁止ワードを公表はしてくれませんが、禁止ワードを使っているからコメントができないとの旨を表示してくれます。

 で、「売春宿」で引っかかって。「遊郭」にしたんですが、それはO.Kでした。(笑)



>若い頃、電車で寝過ごして気がついたら操車場(ヤード)だったなんてことが何度かありました。幸い家がヤードの近くだったんで、遠くの駅で下ろされるよりもラッキーでした(笑)。

 ウチは地下鉄の終点の3駅手前なので、終電なら、3駅歩くだけで済みます。

 その前のなら、折り返されて、十数駅歩かないと、、、、(苦笑)


さえき奎(けい)
2024/03/08 (Fri) 23:04

Anthonyさん

> FC2の掲示板サービスでは、コメント入力した時に禁止ワードを公表はしてくれませんが、禁止ワードを使っているからコメントができないとの旨を表示してくれます。
> で、「売春宿」で引っかかって。「遊郭」にしたんですが、それはO.Kでした。(笑)

なるほど。
ここで私が「売○宿」を引用すると、即「悪い子」認定されるということですね(笑)。

>>若い頃、電車で寝過ごして気がついたら操車場(ヤード)だったなんてことが何度かありました。幸い家がヤードの近くだったんで、遠くの駅で下ろされるよりもラッキーでした(笑)。
>
> ウチは地下鉄の終点の3駅手前なので、終電なら、3駅歩くだけで済みます。
> その前のなら、折り返されて、十数駅歩かないと、、、、(苦笑)

私もタクシー代がなくて、十駅くらい歩いたことがあります。
ほとんど明け方近くに家に着きましたが、それでもちゃんと会社に行きました。
若かった・・・(笑)。

Anthony
2024/03/09 (Sat) 22:13

さえき奎 さん、

>>ウチは地下鉄の終点の3駅手前なので、終電なら、3駅歩くだけで済みます。その前のなら、折り返されて、十数駅歩かないと、、、、(苦笑)

>私もタクシー代がなくて、十駅くらい歩いたことがあります。ほとんど明け方近くに家に着きましたが、それでもちゃんと会社に行きました。若かった・・・(笑)。

 若さ故、ですね。 体力も気力(精力)もあって、、、 ああ、あの頃に戻りたい。。。。

さえき奎(けい)
2024/03/09 (Sat) 23:50

Anthonyさん

>>私もタクシー代がなくて、十駅くらい歩いたことがあります。ほとんど明け方近くに家に着きましたが、それでもちゃんと会社に行きました。若かった・・・(笑)。
>
> 若さ故、ですね。 体力も気力(精力)もあって、、、 ああ、あの頃に戻りたい。。。。

ですね(笑)。
東日本大震災の時、電車が途中駅までしか運転していなくて4駅歩いたんですが、死ぬかと思いました(笑)。

Anthony
2024/03/10 (Sun) 21:32

さえき奎 さん、

>東日本大震災の時、電車が途中駅までしか運転していなくて4駅歩いたんですが、死ぬかと思いました(笑)。

 普通に4駅分歩いてもたいへんなのに、震災で混乱している状況を歩くとなると、、、、 想像するだけで気分が悪くなります。(苦笑)

 その昔、阪神タイガースが優勝した時に、道頓堀川に投げ入れられて、全身が汚水まみれになり、悪臭でタクシーから乗車拒否をくらい、4駅分歩いて帰宅した時は、嬉しい気持ち(当時は阪神ファンだったので)と最悪な気分が入り混じって、、、(泣)

さえき奎(けい)
2024/03/10 (Sun) 22:11

Anthonyさん

>>東日本大震災の時、電車が途中駅までしか運転していなくて4駅歩いたんですが、死ぬかと思いました(笑)。
>
> 普通に4駅分歩いてもたいへんなのに、震災で混乱している状況を歩くとなると、、、、 想像するだけで気分が悪くなります。(苦笑)

一睡もしないで夜を明かした後ですから、マジできつかったです。
それでも、オフィスから50kmを徒歩で帰宅するよりはずっとマシだと思いましたよ(笑)。
この後、オフィスにスニーカーと「徒歩帰宅マップ」を常備しました(笑)。

Anthony
2024/03/11 (Mon) 21:20

さえき奎 さん、

>>普通に4駅分歩いてもたいへんなのに、震災で混乱している状況を歩くとなると、、、、 想像するだけで気分が悪くなります。(苦笑)

>一睡もしないで夜を明かした後ですから、マジできつかったです。それでも、オフィスから50kmを徒歩で帰宅するよりはずっとマシだと思いましたよ(笑)。この後、オフィスにスニーカーと「徒歩帰宅マップ」を常備しました(笑)。

 備えあれば憂いなしですね!

 僕はサラリーマン時代は営業やら販促チラシ配りで歩きまくっていたので、普段から革ビジネス・シューズに見える黒スニーカーを愛用していましたので、そのまんまでオケーでした。

さえき奎(けい)
2024/03/11 (Mon) 22:16

Anthonyさん

>>一睡もしないで夜を明かした後ですから、マジできつかったです。それでも、オフィスから50kmを徒歩で帰宅するよりはずっとマシだと思いましたよ(笑)。この後、オフィスにスニーカーと「徒歩帰宅マップ」を常備しました(笑)。
>
> 備えあれば憂いなしですね!

途中で荒川を渡らなきゃならないので、ここの橋が落ちていたらアウトなんですが(笑)。

> 僕はサラリーマン時代は営業やら販促チラシ配りで歩きまくっていたので、普段から革ビジネス・シューズに見える黒スニーカーを愛用していましたので、そのまんまでオケーでした。

私も若い頃はずっと営業だったんですが、ほとんど車だったので、そんな便利なアイテムがあることには気づきませんでした(笑)。

Anthony
2024/03/12 (Tue) 21:54

さえき奎 さん、

>>備えあれば憂いなしですね!

>途中で荒川を渡らなきゃならないので、ここの橋が落ちていたらアウトなんですが(笑)。

 橋が落ちるとなると、首都直下地震、、、 その状況なら地獄です。(泣)


>>僕はサラリーマン時代は営業やら販促チラシ配りで歩きまくっていたので、普段から革ビジネス・シューズに見える黒スニーカーを愛用していましたので、そのまんまでオケーでした。

>私も若い頃はずっと営業だったんですが、ほとんど車だったので、そんな便利なアイテムがあることには気づきませんでした(笑)。

 今では普通の黒のスニーカーです。革靴は冠婚葬祭しか履くことないです。

 彼女の父親は革靴が大好きでしたが、、先の細い革靴を長年履いていたために、外反母趾で苦しんでおられまいた。

 それなのに、ディサービスでリハビリに行くのにも革靴で行かれてました。


さえき奎(けい)
2024/03/13 (Wed) 21:47

Anthonyさん

>>途中で荒川を渡らなきゃならないので、ここの橋が落ちていたらアウトなんですが(笑)。
>
> 橋が落ちるとなると、首都直下地震、、、 その状況なら地獄です。(泣)

橋まで落ちることはまずないと思いますが、新潟地震では落ちていますからね。
というか、橋までたどり着けるかが問題だったりして(笑)。

> 彼女の父親は革靴が大好きでしたが、、先の細い革靴を長年履いていたために、外反母趾で苦しんでおられまいた。
> それなのに、ディサービスでリハビリに行くのにも革靴で行かれてました。

若い頃は革靴で10駅歩いてもなんともなかったんですが、大震災で4駅歩いた時は小指の爪が剥がれました。
歳だなと思いました(笑)。

Anthony
2024/03/14 (Thu) 20:59

さえき奎 さん、

>>橋が落ちるとなると、首都直下地震、、、 その状況なら地獄です。(泣)

>橋まで落ちることはまずないと思いますが、新潟地震では落ちていますからね。というか、橋までたどり着けるかが問題だったりして(笑)。

 神戸の震災の時は、車で大阪に戻ろうとしたら、建物の倒壊で道が塞がれていて遠回りしたら、今度は地割れ、橋は落下、と、、、 普段は40分ちょっとの距離で6時間かかりました。

 ああいう状態が地獄なんだと実感しました。(泣)


>若い頃は革靴で10駅歩いてもなんともなかったんですが、大震災で4駅歩いた時は小指の爪が剥がれました。
歳だなと思いました(笑)。

 沢登りのほうがラクだったりして、、、(苦笑)

さえき奎(けい)
2024/03/14 (Thu) 21:31

Anthonyさん

>>橋まで落ちることはまずないと思いますが、新潟地震では落ちていますからね。というか、橋までたどり着けるかが問題だったりして(笑)。
>
> 神戸の震災の時は、車で大阪に戻ろうとしたら、建物の倒壊で道が塞がれていて遠回りしたら、今度は地割れ、橋は落下、と、、、 普段は40分ちょっとの距離で6時間かかりました。
> ああいう状態が地獄なんだと実感しました。(泣)

紛れもない地獄ですね。
私は当時六本木オフィス勤務でしたから、途中火災もあったりして阿鼻叫喚の地獄絵図の中を歩くことになったでしょう。

>>若い頃は革靴で10駅歩いてもなんともなかったんですが、大震災で4駅歩いた時は小指の爪が剥がれました。
歳だなと思いました(笑)。
>
> 沢登りのほうがラクだったりして、、、(苦笑)

渓流シューズも履いているし、はるかに楽ですよ。
そもそもすごく楽しいですから(笑)。

Anthony
2024/03/15 (Fri) 22:51

さえき奎 さん、

>>>若い頃は革靴で10駅歩いてもなんともなかったんですが、大震災で4駅歩いた時は小指の爪が剥がれました。
歳だなと思いました(笑)。

>>沢登りのほうがラクだったりして、、、(苦笑)

>渓流シューズも履いているし、はるかに楽ですよ。そもそもすごく楽しいですから(笑)。

 震災時の地獄道を歩いて楽しいと感じたら、変態さんですからね~~。(笑)

 アスファルトとコンクリ、セメントの地獄としぜんの渓流を歩くのを比較するのが、間違っておりました。。。。


Menu:04 Tanokenの世界