映画 『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』

映画 キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン 109シネマズ富谷
Photo by Kirishima  撮影場所: 宮城県 富谷市 109シネマズ富谷


昨年の11月、いつもの109シネマズ富谷で、映画 『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 を観てきました。


 名匠 マーティン・スコセッシ 監督と名優レオナルド・ディカプリオ、ロバート・デ・ニーロらがタッグを組み異色の西部劇サスペンスが生まれた。


 人種差別、毒物、嫉妬、欲望、殺人などなど ・・・ 実際にあったネイティブ・アメリカン (インディアン) 連続殺人事件を基にした 『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 は、人間のおぞましさや醜悪性、二面性、脆弱性を深く掘り下げた佳作です。

 万人にお勧めできる映画ではありませんが、アメリカの歴史やネイティブ・アメリカン、ミステリー映画などに興味のある方は観てください。 見応えがあります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!





「なんと、3時間26分の映画か! しかも、休憩なしとは!」 と、尻込みをしてしまいましたが、体感時間は2時間くらい。


 全く長くは感じませんでした。


 ストーリー展開のテンポもよく、随所にフラッシュ・バックや小説で言うところの先説法・フラッシュ・フォワードを織り交ぜているので、全く飽きが来ず映画に集中できました。

 物語の舞台は、1920年代のアメリカ西部 オクラホマ州。

 ネイティブ・アメリカンのオセージ族の居留地から石油が発見されたため、彼らは巨万の富を手に入れた。

 裕福になったオセージ族の周囲には、金目当ての白人たちが群がっている。

 叔父で町の有力者のヘイル (デ・ニーロ) を頼って移住してきたアーネスト (ディカプリオ) は、やがてネイティブ・アメリカンのモリー (グラットストーン) と恋に落ち結婚する。

 町の住人にもオセージ族にも信頼の厚いヘイルだったが、裏の顔は人殺しも厭わない金の亡者。 密かにオセージ族の富を狙っていた。

 モリーの周囲では、不審死・連続殺人が相次ぎ、ついにその魔手は、モリー自身にも迫る。

 オセージ族の必死の訴えを受け、ワシントンDCから捜査員が派遣されるが ・・・





映画 『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 新予告編  (YouTube 動画)



映画 『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 ファイナル予告編  (YouTube 動画)



本作の最大の魅力となっているのが、デ・ニーロ演じるヘイルとディカプリオ演じるアーネストの複雑な人物造形です。


 オセージ族の文化を理解し敬意を表すと同時に、その富を奪うためには殺人も厭わないという、おぞましい二重人格のヘイル。


 妻のモリーを愛しているが叔父のヘイルには逆らえないという、優柔不断で裏表があるダメ男のアーネスト。

 歳を重ねた名優二人の演技は、圧巻の素晴らしさでした。 流石です。

 最後に、ネイティブ・アメリカンのモリーを演じたグラットストーンの抑制された演技や佇まいが、素晴らしく良かったです。

 映画のラストで、夫であるアーネストに 「ある問いかけ」 をし、じっと見つめる鋭いまなざしが印象深い。

 緊張感あふれるシーン。 助演女優賞間違いなし! と、思いました。



 → 映画 『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』 公式サイト


関連記事

コメント 4

There are no comments yet.
utokyo318
2024/01/27 (Sat) 05:07

長編でも内容が良いと、引き込まれますね♫
ロバート・デ・ニーロさんも、長くご活躍で、すばらしいです。
なかなか映画館に行く機会がありませんが、テレビなどで放送されたら、ぜひ観たいと思います(^O^)

霧島
2024/01/27 (Sat) 19:15

utokyo318さん

こんばんは。
ほんとそうですね。余りの長編なのでびびってしまいましたが、
中だるみのない集中できる内容だったので、体感時間はあっと
いう間でした。
おっしゃる通り、ロバート・デ・ニーロは、1970年代から第一線で
活躍してますね。素晴らしいです。今回も、アカデミー賞
助演男優賞にノミネートされました。凄いです。

Noriちゃんねる
2024/01/28 (Sun) 05:23

おはようございます

これは面白そうですね
映画館で見たくなりました。

霧島
2024/01/28 (Sun) 20:01

Noriちゃんねるさん

こんばんは。
長編でしたが、中弛みもなく見応えがありました。ミステリー小説などが好きな人は、是非観てほしいですね。

トラックバック 1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

1920年代のアメリカ。 戦地から帰還した男アーネスト・バークハートは、地元の有力者である叔父ウィリアム・ヘイルを頼ってオクラホマへ移り住む。 そこで先住民族オセージ族の裕福な女性モリー・カイルと恋に落ち夫婦となった。 しかし、2人の周囲で不可解な連続殺人事件が起こり始める。 町が混乱と暴力に包まれる中、ワシントンD.C.から派遣された捜査官が捜査に乗り出した…。 クライム・サスペンス。

2024/01/28 (Sun) 21:06 by 象のロケット
Menu:14 霧島の観た映画