映画 『ザ・クリエイター/創造者』

映画 『ザ・クリエイター/創造者』 宮城県 富谷市 109シネマズ富谷
Photo by Kirishima  撮影場所: 宮城県 富谷市 109シネマズ富谷


昨年の11月、いつもの109シネマズ富谷で、映画 『ザ・クリエイター/創造者』 を観てきました。


 近未来の世界 「ニューアジア」 を舞台に描かれる感動的なSFアクション大作が公開!


  映画 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 で、高い評価を得て一躍有名になった ギャレス・エドワーズ 監督の最新作。

 主演は、名優 デンゼル・ワシントンの長男ジョン・デヴィッド・ワシントン。脇を固めるのは日本を代表するハリウッドスター 渡辺謙という映画ファン必見の豪華キャスト。

 環太平洋の国々で構成された 「ニューアジア」 を舞台にした本作では、ネパール、インドネシア、カンボジア、東京で撮影された美しいアジアの景色が展開する。

 エドワーズ監督の日本やアジアに対する深い愛も感じられる作品なので、たくさんの日本やアジアの方々に観てもらいたいと思いました。

 もちろん、AI の少女を巡る家族愛もふんだんに描かれているので、感動して涙する事間違いなし。 お勧めの映画です。







投稿者: 霧島

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!





本作のストーリー展開や構成などは古典的でセオリー通りなので、安心して観ることができました。


 エドワーズ監督が言う通り、映画の世界観もカット・シーンも 『スター・ウォーズ』 や 『ブレードランナー』 、 『AKIRA』 などから借用したもの。


 ただ、それがとても目新しく見えるのが、この作品の持つ不思議な力であり監督の力量だと思いました。


物語の舞台は、近未来のニューアジア。

 人類を守るはずのAIが核を爆発させてロサンゼルスを破壊。 これを機に、AIを禁じたアメリカと進化したAIと共存しようとするニューアジアとの間で戦争が勃発し激化して行く。

 そんな中、元特殊部隊のジョシュアは、人類を滅ぼす兵器を創り出したニルマータ (クリエイター)の潜伏先を見つけ出して、暗殺するためニューアジアへと向かう。

 だがそこにいたのは、最終兵器と呼ばれたAIの少女アルフィーだった。 そしてジョシュアは、 「ある理由」 からアルフィーを守りぬくと誓うのでした。

 その頃、ニューアジアでは、AIの根絶を進めるアメリカ軍の総攻撃が始まり、山のように巨大な戦車・特殊戦闘車両が何体も押し寄せて来ていました。

 戦争に巻き込まれてしまったジョシュアとアルフィー運命は ・・・ やがて二人が辿りつく 衝撃の真実とは ・・・?





映画 『ザ・クリエイター/創造者』 特報・予告  (YouTube 動画)



本作は、単なるAI戦争アクションというだけで、終わっていないところが非常に良かったです。


 アジア(中国)対アメリカの対立、今も続いているウクライナ戦争やイスラエル・ガザでの戦争を想起させる部分も多く、いろいろと考えさせられました。


 最後に、AI軍のリーダー ハルンを演じた渡辺謙は圧倒的な存在感で素晴らしかったです。

 しかも、日本語でセリフを言っているのに全く違和感なし。 まるで黒澤明監督の映画に登場するサムライのようでした。

 あと、アルフィー役のアジア系の少女が可愛くて、ミステリアスで、演技も上手くて、良かったです。



 → 映画 『ザ・クリエイター/創造者』 公式サイト



映画 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 本予告映像  (YouTube 動画)



これは、『スター・ウォーズ エピソード3』 と 『スター・ウォーズ エピソード4』 をつなぐスピンオフ映画。


 世界的にも評価が高く、ギャレス・エドワーズ監督を一躍有名にしました。


 わたくしは2回観ましたが、感動的で最高に面白い映画でした。


関連記事

コメント 10

There are no comments yet.
utokyo318
2024/01/13 (Sat) 04:45

AIも、暴走してしまうと恐ろしいですね・・・・
人間が支配されすぎないようにしないといけませんね。
渡辺謙さんも、長く活躍されていて、すばらしいですね♫

ももPAPA
2024/01/13 (Sat) 17:36

実際こういうことが起きない可能性はゼロとは言えないかもですね。
これはできれば大スクリーンで観てみたいなぁ 渡辺謙、真田広之
は今や完全にハリウッドスターになってしまいましたね。

霧島
2024/01/13 (Sat) 20:51

utokyo318さん

こんばんは。
おっしゃる通りですね。
「AIが暴走して、偽情報を拡散させたり、兵器による攻撃をしたり
すると民主主義に深刻な影響をもたらしかねない」と言われています。
反面、先進国の労働力不足の改善が期待できるようです。一長一短、
一利一害というところでしょうか。
渡辺謙さんは、「ラストサムライ」以降ハリウッドスターとして
大活躍ですね。素晴らしいことです。

霧島
2024/01/13 (Sat) 20:53

ももPAPAさん

こんばんは。
可能性は高いと思います。
ならずもの同盟国家のロシア、中国、イラン、北朝鮮が、
AIを悪用して民主主義国家に対して悪さを仕掛けてくる
可能性は高いと思います。
真田広之さんもハリウッドスターとして活躍していますね。
最近では、ブラピの「ブレット・トレイン」で準主役級の
演技をしていました。

fjk78dead
2024/01/14 (Sun) 07:49

デンゼルの血

主役の人がデンゼル・ワシントンさんの息子さんだとは知りませんでした。その息子から受け継いだ何かがあって、あー見えて、あのアルフィーも9秒でいろいろ終わらせられるのかもしれない。そりゃあ最終兵器だとか無駄な事を考えました。

霧島
2024/01/14 (Sun) 17:13

fjk78deadさん

こんばんは。
プログを拝見しました。年間 300本の映画を観るなんて素晴らしいですね。
凄いと思いました。デンゼル・ワシントンの「イコライザー3」が
ネットフリックスで配信されてますね。1、2も観たので、今度観ようと
思っていました。
死者の脳の情報をコピーして、AIに移植するシーンはドキドキしました。
浦沢直樹×手塚治虫(鉄腕アトム 地上最大のロボット)の「プルートウ」
を思い出しました。ちょっと似たシーンがありましたね。

ももPAPA
2024/01/15 (Mon) 05:06

To 霧島さん

おはようございます♪
真田広之「ブレット・トレイン」WOWOWで観ました。深みのある演技をしてましたね。
ハリウッド戦国ドラマ:「将軍」が2月27日にディズニープラスで配信されるみたいです。
アマプラの、チャンネル追加で観ようと思ってます。
https://theriver.jp/shogun-jp-release-date/

霧島
2024/01/15 (Mon) 20:50

ももPAPAさん

こんばんは。
情報ありがとうございます。真田広之の「将軍」は、観たいと思っていました。
ディズニープラスと契約するかチャンネル追加で観てみましょう。 
「ラストサムライ」以来、真田広之のハリウッドでの活躍は凄いですね。
ハリウッド映画の多くの作品に出演しています。

Noriちゃんねる
2024/01/16 (Tue) 05:49

おはようございます

AIで悲劇は起きないと思ってますが
AIには惚れてしまいそうです。

霧島
2024/01/16 (Tue) 17:24

Noriちゃんねるさん

こんばんは。
AI、生成AIを仕事や趣味などで、自在に使えるように
なると手放せなくなるでしょうね。

トラックバック 3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ザ・クリエイター 創造者・・・・・評価額1700円

AIに愛はあるのか。 2060年代の近未来を舞台に、人類と進化したAIの戦争を描くSF大作。 「GODZILLA ゴジラ」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のギャレス・エドワーズが監督・原案・脚本・製作を兼務して作り上げた作家映画だ。 ジョン・デヴィッド・ワシントン演じる元軍人のジョシュアは、戦争の勝敗を決すると言われるAI側の最終兵器を探し当てるが、それはなんと幼い少女の姿を...

2024/01/20 (Sat) 20:14 by ノラネコの呑んで観るシネマ
ザ・クリエイター/創造者

近未来、人を守るはずのAIが核を爆発させた。 人類とAIの戦争が激化する世界で、元特殊部隊員ジョシュアは、人類を滅ぼす兵器を創り出した“クリエイター”の潜伏先を見つけ、暗殺に向かう。 だがそこにいたのは、兵器と呼ばれるAIの少女アルフィーだった。 ジョシュアは“ある理由”から、少女を守ろうと決意する…。 SFアクション。

2024/01/17 (Wed) 23:41 by 象のロケット
『ザ・クリエイター 創造者』トーホーシネマズ新宿11

◆『ザ・クリエイター 創造者』トーホーシネマズ新宿11 ▲ジョシュアと高見沢俊彦、坂崎幸之助、桜井 賢を含む物。 五つ星評価で【★★★よいSFに酔う】 AIと人間の戦争。ロボット三原則を入れておけよ、と思わなくもないが、警察官はともかく、軍人として作成されたりするからそうはいかないのか。 他国だろうが何だろうがドローンを飛ばして、自分達の脅威を排除しまくるアメリカを否定する映画。 主人...

2024/01/14 (Sun) 07:52 by ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
Menu:14 霧島の観た映画