金閣寺 (京都市 北区) 龍安寺 (京都市 右京区)

JR奈良線で伏見稲荷大社から京都駅に戻り、駅ビルの 「京都拉麺小路」 で昼食。


 地元京都の 「中華そば ますたに」 で京都背脂醤油ラーメン+温泉卵をいただいたきました。


 「中華そば ますたに」 は、背脂醤油系ラーメンの元祖だそうです。

 昼食後近くのカフェでアイスコーヒーを飲みながらたっぷりと休憩。

 休憩後、バスで金閣寺へと向かう。





金閣寺・龍安寺_1
Photo by Kirishima


バス停から徒歩5分くらいで金閣寺。


 金閣寺は、京都市の北部 北区にあるので京都駅からは遠かったです。


 50分も、かかってしまいました。







投稿者: 霧島

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!





金閣寺・龍安寺_2 鏡湖池と世界遺産の金閣寺 (鹿苑寺)


鏡湖池と世界遺産の金閣寺 (鹿苑寺)


 足利義満が築いた北山文化 (室町時代) の象徴で、京都のシンボル的存在。


 再建されたものとはいえ、ゴージャス過ぎます。





金閣寺・龍安寺_3 裏側から観る金閣寺


裏側から観る金閣寺


 よく知られているように、金閣寺は1950年(昭和25年) の放火により焼失。


 このとき、世間に与えた衝撃はとんでもなく大きかったようです。

 この事件を元に三島由紀夫が小説 『金閣寺』 を書いたのは有名。

 『金閣寺』 は、三島由紀夫の代表作となっていますね。





金閣寺・龍安寺_4


金閣寺の内部はこんな感じです。


 金閣寺内部には一切入ることはできません。


 写真右下が、平安貴族建築様式の一層。写真右上が、鎌倉武家建築様式の二層。写真左上が、禅宗仏殿造の三層で、ゴージャスな黄金の部屋の中に仏舎利を安置しています。黄金の部屋なんて凄すぎます。

 秀吉の黄金の茶室は、金閣寺をモデルにしたのかもしれませんね!?





金閣寺・龍安寺_5 金閣寺の拝観券


歩き回って疲れたので、冷たい抹茶と和菓子をいただいて しばし休憩。


 左の 渡された 「お札」 は、なんと拝観券でした。


  いやー、こんなの初めて。 びっくりです。





金閣寺・龍安寺_6 龍安寺 正面


金閣寺を見学後バスで世界遺産の 「龍安寺」 に向かう。


 約10分くらいで龍安寺に到着。


 近くには、立命館大学がありました。





金閣寺・龍安寺_7 龍安寺 石庭


世界的に有名な世界遺産 龍安寺の枯山水庭園・石庭


 25メートルプールほどの空間に白砂を敷き詰め、大小15個の石を配置。


 一見シンプルな構成の庭ですが、禅の思想・精神・世界観・宇宙観を表しているという、驚くべき庭なのです。





金閣寺・龍安寺_8


天才的な禅僧によって室町時代に作庭されたという、この庭園の意味するところは謎に包まれている。


 解釈は多様で見るものに委ねられているとのこと。


 まさに禅の思想を体現していますね。

 ある歴史家は、『15個の石は、どこから眺めても必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されている という驚くべき構成であり、心眼で隠れた1個を見抜くのが正しい。また東洋では、十五夜 (満月) にあたる15という数字を 「完全」 を表すものとしてとらえる思想があり、15に一つ足りない14は 「不完全さ」 を表す。よく見てみると実は、庭全体が向かって右のほうに傾いている。遠近法のマジックで空間をさらに大きく見せている。』 と言っています。

 なるほど! 宮沢賢治の 「永久の未完成これ完成である!」 との思想に通じるものだと思いました。





金閣寺・龍安寺_9


ご覧のように、広い縁側を占拠しているのは全て外国人です。


 全く動く気配がありません。


 一心不乱に写生をしたり、座禅を組んで観ている人もいました。

 禅は海外の多くの人に評価されていて人気があるので、しょうがないですね。

 かつて訪れたことがあるエリザベス女王も、龍安寺の石庭を絶賛したそうです。



 京都 龍安寺枯山水庭園・石庭    動画を観てください。



京都 龍安寺石庭  (YouTube 動画)



関連記事

コメント 15

There are no comments yet.
utokyo318
2023/07/15 (Sat) 05:32

京都に各地のラーメンの名店が集まるエリアがあるのですね♫
「東大」は,徳島で買いました(^^;;

金閣寺はとても豪華で、見応えがありますね。
私も行きましたが、美しさに圧倒されました(^◇^;)

-
2023/07/15 (Sat) 07:54

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

霧島
2023/07/15 (Sat) 16:51

utokyo318さん

そうなんです。しかも駅ビルにありました。
漠然と勝手に「京都にラーメンは似合わない!」と思っていましたし、
京都の人はラーメンなんてあまり食べないと思っていましたね(笑)

おっしゃる通り、金閣寺は、平泉の金色堂よりもゴージャスで
驚きました。平等院鳳凰堂のように人数制限をしてガイドを
付けて、内部を見学できれば素晴らしいのになーと思いました。

中島 朱実
2023/07/15 (Sat) 23:47

京都ラーメンと金閣寺

こんばんは。

京都の隣に住んでいながら京都ラーメン食べたことないので、参考になります。関西ではレベル高いと聞いていました。

三島由紀夫さんが書かれた金閣寺は、犯人の生い立ちが余りにも不幸で、その幼少期から美に対する嫉妬が大人になるに連れて育っていったような話だと思います。その美の象徴が金閣寺だった訳ですが、正直、三島先生の作品は難しすぎる。と感じました。

霧島
2023/07/16 (Sun) 14:21

中島朱実さん

こんにちは。ありがとうございます。
そうでしたか、中島朱実さんは、三島由紀夫もけっこう読んでいるのですね。
実は、わたくしは、「金閣寺」を読んだことはありません。昔、漫画かなん
かで見たので、あらすじはだいたい知っています。三島由紀夫で読んだことが
あるのは、「午後の曳航」だけですね。最初に映画(外国映画)を観て面白かった
ので原作を読みました。おっしゃる通り、確かに三島由紀夫作品は、難しくて
とっつきにくい感じがします。でも彼の「思想」には惹かれるますね!(笑)

中島 朱実
2023/07/16 (Sun) 22:37

To 霧島さん

三島由紀夫さんの純文学小説は、いうほど大して読んでないんですよ。【午後の曳航】は彼の最高傑作でしたね。早くして世の中を知りすぎた子供が、畏怖の象徴であった義理の父親が結婚を境に堕ちてゆく現実に幻滅していく様が描かれてましたね。子供だから守られている。守られているから何でも出来るという狂気まで。

【人は大人になると馬鹿になる】三島先生は、この手の思想が好きなようで、比較的読みやすい【夏子の冒険】でも似たような描写があります。

個人的に良かったのは【三島由紀夫レター教室】これはメチャクチャ面白かった。何人かの登場人物が会話するんですが、全部手紙なんですよね。誰から誰への手紙なのかも、また、それの繋がりも面白いです。

霧島
2023/07/17 (Mon) 13:37

中島朱実さん

紹介ありがとうございます。
【三島由紀夫レター教室】は、面白そうですね。
全てが手紙のやり取りという、着想、多視点構成的なのも
いいです。今度読んでみましょう。
午後の曳航は、映画もそうでしたが、ちょっとホラー感が
あってゾクゾクしましたね(笑) このような所が外国人に
好まれるのでしょうね。もう一度読んでみたいです。

Noriちゃんねる
2023/07/18 (Tue) 08:10

おはようございます

夏の京都に一度だけ行ったことがあります
ゆっくり遊びに行ってみたいです。

ももPAPA
2023/07/18 (Tue) 09:38

おはようございます♪

金閣寺 銀閣寺は所帯持ちの頃、家族で行きました。
竜安寺も巡りたかったですが母の緊急入院の一報が合って急遽帰り、回れませんでした。
いつかまた行きたいです。

霧島
2023/07/19 (Wed) 16:18

Noriちゃんねるさん

こんにちは。
そうでしたか。夏の京都は、連日35度以上の猛暑日です
ので大変だったでしょうね。わたくしが行った5月でさえ、
連日26度~27度で夏のようでした。
同じく、涼しいときにゆっくり行ってみたいです。

霧島
2023/07/19 (Wed) 16:21

ももPAPAさん

こんにちは。
そうでしたか。家族旅行で京都に行くなんて羨ましい限りです。
迷ったのですが、わび・さび系の銀閣寺は行きませんでした。
龍安寺の石庭は、芸術的で世界的にも有名なので、以前から
行ってみたいと思っていました。
次回は、銀閣寺など今回行くことができなかったところを
回りたいですね。

ぴのぴな
2023/07/19 (Wed) 23:31

夏は抹茶が冷たいのですね

こんにちは。
たびたびコメントを書かせて戴きます。

自分は、金閣寺には秋か冬によく行きます。
秋は紅葉、冬は雪が目当てです。
ですから、冷たい抹茶を知りませんでした。
今度一度真夏に行ってみます。
自分が金閣寺に通ったのがコロナ禍以前だったので、
きぬかけの道の途中にある飲食店や堂本印象美術館の現状も、
かなり気になりますし。
ちなみにこの辺りで自分が一番好きなのは、龍安寺境内の食堂の
「生湯葉どんぶり」です。
そうそう、自分は龍安寺の石庭は左右分けて見ています。
桜の木が背景になる半分と、楓が背景になる半分です。
そうしてみると、左右で石の並びのパターンが違うこともわかります。

霧島
2023/07/20 (Thu) 20:30

ぴのぴなさん

こんばんは。ありがとうございます。
そうなんです。普通の抹茶と冷たい抹茶を選べました。でも暑かったので
ほとんどの人は、冷たい抹茶を選択していたようです。
そうですね、やっぱり京都は、紅葉の頃が最高でしょうね。
鏡湖池に映る「逆さ金閣寺」は、紅葉の頃と雪が降り積もった時が
一番美しいと聞きました。

そうですか、龍安寺の石庭の観方は、やはりいろんなパターンずあるのですね。
参考になります。龍安寺は、石庭ばかりが注目されますが、大きな池の庭園も
良かったです。ぐるっと一周してきましたが、ここからの龍安寺全景の
眺望も素晴らしかったです。

荒野鷹虎
2023/07/20 (Thu) 22:34

今日も暑い日でしたね^^☆

霧島
2023/07/21 (Fri) 20:23

荒野鷹虎 さん

荒野鷹虎さんは、京都市在住の方ですね?
ウエザーニュースで見ましたが、京都は今月末まで
連日35度以上の猛暑日のようですね。

Menu:12 霧島の シン・日本紀行