蔵王山 (熊野岳)  2022年6月 (宮城県 蔵王町)

「刈田岳のイワカガミが見ごろを迎えている」 との情報を得て、6月13日 (月)、蔵王エコーライン宮城県側の大黒天駐車場から、蔵王山 (熊野岳)に登ってきました。


 強風で寒かったですが、まずまずの天候となり最高のトレッキングがてきました。 良かったです。 


 大黒天駐車場 (9:00発) → 刈田岳 → 御釜 → 蔵王山 (熊野岳 10:40着)  蔵王山 (熊野岳 10:50発) → 御釜 → 刈田岳 → 大黒天駐車場 (13:00着) 約4時間のトレッキングでした。 (休憩含む)


 宮城県と山形県の県境に南北25キロメートルに連なる蔵王連峰。 平安時代には 「忘れずの山」 と呼ばれていて、歌枕の地でした。

 その後、修験道の山となり「蔵王山」と呼び変えられました。 歌枕だった 「忘れずの山」 は、蔵王連峰南端の花の山、不忘山として残ったそうです。


「みちのくに あふくま川の あなたにや 人忘れずの 山はさかしき 」  

「現代語訳  陸奥国にある阿武隈川の彼方には、険しい不忘の山が立ちはだかっているように、忘れえぬ人にはなかなか逢うことが、かないません。)

 (喜撰法師 『古今和歌六帖』 より)

 ちなみ に、喜撰 法師 (きせんほうし) とは、六歌仙の一人で 『土佐日記』 を書いた紀貫之のペンネームではないかと言われている人物とのこと。





蔵王山 (熊野岳)2022_6_ 1
Photo by Kirishima


登山口付近にて


 最近は、この辺りでも熊の目撃例が多いそうです。 やれやれ。







投稿者: 霧島

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!





蔵王山 (熊野岳)2022_6_2


最初は、荒々しい急峻な岩峰群を見ながらの登りになる。


 現在の蔵王は、エコーラインとハイラインの二つの観光道路があるため、誰でも簡単に刈田岳に登り御釜など絶景を堪能できます。


 今回は、修験者が登ったという蔵王古道を登ってきました。





蔵王山 (熊野岳)2022_6_3


刈田岳 (1788メートル) 直下にある刈田岳避難小屋


 誰も利用する人がいないのでしょう。


 内部はボロボロ。 荒れ放題でした。





蔵王山 (熊野岳)2022_6_4


刈田岳山頂に建つ 「刈田嶺神社」


 刈田嶺神社の社伝によれば、役行者 (えんのぎょうじゃ) の叔父願行 (がんぎょう) が、「忘れずの山」 に奈良県吉野山の金峯山寺 (きんぷせんじ) 蔵王権現を勧請 (かんじょう) して、山名を蔵王山にしたとのこと。


蔵王山 (熊野岳)2022_6_5


刈田岳から御釜と外輪山の馬の背、蔵王山 (熊野岳) を望む


 まだ、こんなに雪が残っていました。 

 
 ビックリです!





蔵王山 (熊野岳)2022_6_6


御釜と五色岳   


 絵葉書のような写真で、すみません!(笑)





蔵王山 (熊野岳)2022_6_7


蔵王山 (熊野岳) 山頂直下の雪渓


 この辺りにくると風がますます強くなり突風、烈風状態。


 猛烈な勢いでガスが流れていて、目まぐるしく天候が変化する状態でした。





蔵王山 (熊野岳)2022_6_8


蔵王山 (熊野岳 1841メートル) 山頂


 蔵王特有の猛烈な風が吹き付け、ダウン・ベ10ストを着込んでフードを被っても寒くて、手がかじかんできました。


 冬用の手袋とニット帽が必要でしたね。

 10分ほどウロウロして写真を撮り、すぐに下山してきました。

 おかげさまで雄大な展望は、全くダメでした。 やれやれ。





蔵王山 (熊野岳)2022_6_9 高山植物イワカガミの拡大


刈田岳へ向かう登山道脇の イワカガミ は、情報通り見ごろを迎えていました。


 まるでピンクの絨毯状態。 素晴らしい!


 蔵王と言えば、高山植物の女王 「コマクサ」 と不忘山の 「ハクサンイチゲ」 ですが、「イワカガミ」 も捨てたもんじゃないですね!(笑)





蔵王山 (熊野岳)2022_6_10 高山植物イワカガミの群落


登山道脇に咲くイワガガミ


 イワカガミはポピュラーな高山植物で、珍しいものではないですが、群落状態ですと見応えがあります。

関連記事

コメント 12

There are no comments yet.
☘雑草Z☘
2022/06/22 (Wed) 06:37

この花がイワカガミですか!?

結構小さそうですね。
下の写真のイワカガミの背景の黄緑色の草の葉は、レタスのように食べられそうです。

utokyo318
2022/06/22 (Wed) 07:37

イワカガミ、はじめて見ました!
山頂は、風が強くて寒いことも多いですね。
私も、先週湯沢高原のロープウェイに乗ったものの、すぐに下ってしまいました(^^;;

Noriちゃんねる
2022/06/22 (Wed) 16:23

こんにちは

御釜に何度か行ったのですが
いつも天気が悪くて見えたことないんです(^_^)
また行ってみたいです。

霧島
2022/06/22 (Wed) 20:54

>雑草Zさん

そうですね。気付きませんでしたが、ほうれん草みたいで食べられそうですね(笑)
イワカガミの花は、1センチくらいでしょうか。かなり小さいです。
ハイマツのしたなど少し湿ったところに群落を作ります。

霧島
2022/06/22 (Wed) 20:55

>utokyo318さん

そうでしたか。越後湯沢スキー場のロープウェイですね。
越後湯沢は、魅力的なスキー場がたくさんあっていい所のようです。
蔵王と同じで越後湯沢は、豪雪地帯なので夏でも晴れる日は
少ないのでしょうね。

霧島
2022/06/22 (Wed) 20:56

>Noriちゃんねるさん

こんばんは。
そうでしたか。それは残念でしたね。
蔵王は、日本海側から直接湿った風が吹き付けますので、下は
晴れてても山頂付近はガスってて視界不良の日が多いです。
ほんと蔵王は、スカッと晴れる日が少ないです。

ももPAPA
2022/06/24 (Fri) 09:32

おはようございます♪

蔵王山 カルデラ火山なんですね。今は休火山?
綺麗で写真のようなショットを見て思いました。
日本海側に位置してることもあって、季節風の影響で
風が強いのかもしれませんね。
雄大な眺め 男性的な佇まいの山容が迫力を感じます。

霧島
2022/06/24 (Fri) 20:58

>ももPAPAさん

こんばんは。
そうなんです。ももPAPAさんは火山にも詳しいですね。
蔵王は活火山です。しかも、24時間常時観測対象になっている火山で、
気象庁により地震計など様々な最新の観測機器が設置されているようです。
最近では、明治28年に御釜で小規模な噴火がありましたね。

☘雑草Z☘
2022/06/25 (Sat) 06:57

思い出しました。

昔登山していたころは、岩鏡の葉っぱを、よく見掛けました。
葉っぱだけでも素敵な感じで好感を持っていました。まさしく「岩鏡」って感じです。
花も変わっていて素敵ですね!葉っぱからは想像できない花です!
今頃の季節に咲くのですね!なかなか花を見れないのは、咲いている期間が短いからでしょうか?

Tanoken
2022/06/25 (Sat) 10:26

蔵王山の山頂を制覇!!
相変わらず霧島さんには驚きます。
たまには三人の子供さんを連れて行かれてはどうですか?
もし僕のお父ちゃんだったら怖いですね(笑)

霧島
2022/06/25 (Sat) 13:20

>雑草Zさん

名前の由来にもなった葉っぱですね。
丸くて光沢があって、手鏡のような感じです。
岩場の日陰やハイマツの下などに生えるので、夢中で登って
いると見つけることができないと思います。

霧島
2022/06/25 (Sat) 13:21

>tanokenさん

うちのは、それぞれ独立して散開してますので一緒には無理ですね。
若い頃は一緒に登ったこともありましたが・・・・

Menu:12 霧島の新・東日本(ヒガスヌホン)紀行