遠吠え

 大阪の新市長、平松 氏 の当選に太田府知事が祝福に事務所を訪れ、共に万歳をした。

 
と、その事が自民公明両党議員のセンセ方は痛くお気に召さないようで、不快の意を表してらっしゃいます。

 しかし関氏が当選していれば関、姫野、橋爪、藤井(*編集部・注:全て今回の大阪市長候補)と、誰が当選しようが太田府知事はその事務所に行ったはずです。

 太田府知事は共産党以外の支持推薦を受けて当選しています。全員の応援に行くのは不自然でしょう。ならばどちらにも行かないのは当然です。

 それを批判する民主党の馬鹿議員も居るらしいですが、もっと馬鹿は自民公明の議員です。

 よりによってこの馬鹿議員たちは『勝ち馬に乗った』との比喩を出して知事を批判しました。比喩や諺が対義する物で返しやすいって事すら分からないでよく議員が務まるものです。

 勝ち馬に乗らずしてどうするのです?市と府が力を合わせて改革をと叫んでいたのは自民公明も同じでしょう。

 それを民主党に奪われた悔しさを知事にぶつけていてはお里が知れますし先が見えます。多分自民公明は改革そっちのけで平松失政のネタ探しに奔走するでしょう。

 本音が出ました。結局どこの政党も椅子が欲しいだけで改革などどうでも良いのです。一般市民が生きようが死のうが知った事じゃないのですが、選挙には投票してもらわなきゃならんので体裁を繕ってるんです。

 そうそう、『勝ち馬』うんぬんと知事を批判したセンセ方よ、『負け犬の遠吠え』て言葉、知ってるかな?


[追記]

 前記『遠吠え』はどうも長すぎた。これからは簡潔に書く事にする。

で、「勝ち馬」』言う奴が「負け犬の遠吠え」じゃ。



                         

投稿者: ぐっちゃん



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments