栗駒山 2021年5月 (岩手県 一関市)

5月20日(木)、岩手県一関市 (いちのせきし) の須川温泉から栗駒山に登ってきました。


 昭和湖付近で火山性有毒ガスの発生が続いているため、昭和湖コースは閉鎖されていました。


 そのため、ちょっと遠回りですが産沼コースをピストンしてきました。

 天候は、風もなく曇りベースで 時々晴れ、山頂に着く頃には気温も上がってきて汗ばむくらいの陽気でした。

 気分爽快最高のトレッキングができました。 良かったです。

 須川温泉 (8:15発) → 産沼 → 栗駒山山頂 (10:35着) 、栗駒山山頂 (11:00発) → 産沼 → 須川温泉 (12:45着) 約4時間30分のトレッキングでした。 (休憩含む)  





栗駒山2021_5_1
Photo by Kirishima


名残ヶ原より山頂方面を望む。


 次第に晴れ間も出てくるようになってきた。


 この辺りは、やっと雪が融けた感じです。

 高山植物が咲きだすのはもっと先のことでしょう ・・・








投稿者: 霧島

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!





栗駒山2021_5_2


昭和湖ルートは、火山性有毒ガスが発生しているため立ち入り禁止でした。


 今の時期ですと、コースの半分くらいは雪に覆われていて爽快な雪渓歩きが楽しめるのですが ・・・ 残念でした。





栗駒山2021_5_3


産沼コース 中間付近。


 この辺りも、かなり雪が多かった。





栗駒山2021_5_4


山頂を望む。


 山頂は、もうすぐだ。


 登山道は、左側をぐるっと巻くようにして続いている。





栗駒山2021_5_5


山頂へ向かう途中。


 仙台から来たという30歳前後のソロの山ガールに、あっという間に追い越されでしまいました。


 やっぱり、加齢には勝てません。 やれやれ(笑)

 最近は、女性のソロ登山者も多くなってきました。この日も、宮城県側からも含めて15 ~ 16人の登山者がいましたが、わたくしも含めてほとんどがソロ登山者でした。

 二人で登っていたのは、僅か2組だけという状態。 コロナの影響もあるのでしょう。

 ソロキャンプ、ソロトレッキングがブームになっているようですが、旅行なども含めてこれから増々ソロが増えて行くと思われます。




栗駒山2021_5_6


山頂直下の雪渓から宮城県側を望む。


 宮城県側からも、5 ~ 6人の登山者が登ってきていました。





栗駒山2021_5_7


栗駒山 山頂 (1627メートル)





栗駒山2021_5_8


山頂から望む焼石岳 (1548メートル)





栗駒山2021_5_9


山頂より秀峰 鳥海山 (2237メートル) を望む。


 雲海に浮かぶ鳥海山が、素晴らしい!





栗駒山2021_5_10 ミニもち御前+お雑煮


下山後、小腹がすいたので、一関市 厳美町の道の駅に寄って 「ミニもち御前+お雑煮」 (1,050円) をいただいてきました。


 珍しい 「ネギもち」 「肉そぼろもち」 もあり、旨かったです。 


 大満足でした。


 全国でのトップクラスのもち消費量を誇る一関市。
 
 今でも年間60日以上、もちを食べる習慣があるそうです。 すごいですね。
関連記事

コメント 12

There are no comments yet.
ももPAPA
2021/05/29 (Sat) 21:47

学生時代 下落合の学生寮に 栗駒山の麓に実家があると言ってた
友人がいました。 記事を拝見して、今元気にしてるかなぁ と懐
かしく思いました。
明るく、話してて楽しい奴でした。 麻雀が強くてけっこうやられ
ましたね~
「ミニもち御前+お雑煮」 これは美味しそうですね!

☘雑草Z☘
2021/05/29 (Sat) 22:36

少年時代、一関市に住んでいました。

 栗駒山は岩手県側(一関市)では「須川(すかわ)岳」と呼ばれています。小学校の校歌にも中学校の校歌にも高校の応援歌にも「須川」は出てきました。通学の時、小中学校は朝行く時、高校は帰り道で須川を眺められました。
須川は登りやすく、高山植物が豊富で、温泉が豪快に川になって流れていて凄く好きな山です。

utokyo318
2021/05/30 (Sun) 06:12

登山、女性一人でされている方も多いのですね!
私はトイレが近いほうなので、やはり無理かなと思いました(^_^;)
お餅のお料理、とてもおいしそうですね♫

霧島
2021/05/30 (Sun) 08:03

>ももPAPAさん

そうですか、栗駒山の麓というと宮城県栗原市(旧栗駒町)の出身だと思います。
栗原市から見る栗駒山は、最も華麗に見えます。5月の田植え時期になますと
雪形の「駒姿」が現れて素晴らしいです。

霧島
2021/05/30 (Sun) 08:04

>雑草Zさん

おっしゃる通りです。岩手の一関市側では「須川岳」と呼ばれ、秋田県側では「大日岳」と
呼ばれています。登山口のある須川温泉の源泉近くには、大きな日帰り露天風呂があり
爽快な気分で汗を流してきました。

霧島
2021/05/30 (Sun) 08:05

>utokyo318さん

そうなんです。最近、ソロ登山・ソロトレッキングは、若い山ガールから中高年の
女性にまで広がっています。
確かに、女性にとってトイレの問題は深刻ですね。よく聞く話では、簡易携帯トイレセットや
完璧に消臭加工された尿取りパットを持参する方も多いそうです

Tanoken
2021/05/30 (Sun) 10:28

ソロの登山の方が多数いらっしゃるのは驚きます。僕にはとても無理ですね。
話す人がいない退屈なこともありますが怪我をした時が怖いです。



霧島
2021/05/31 (Mon) 09:05

>tanokenさん

確かに、おっしゃる通りソロのデメリットはあると思います。話ができなくて退屈だ、さびしい。
万が一ケガをしたときなど、一人で対処しなければならない。などです。
ソロのメリットは、本気で山と対峙することができる。自然と深くふれあえる。自然に没頭できる。
それと、同行者に気を使わなくてもいい自己判断、自己都合、自己責任、自己完結ですから
達成感が半端じゃないですね。

☘雑草Z☘
2021/05/31 (Mon) 20:26

私は、一人旅も好きですが、登山は仲間がいた方が断然いいです。

 電車などでの旅は混んでいない鈍行列車に座って、アルコールを飲み、つまみを食べながら、時々外の景色を眺めて行くと、往復で結構ぶ厚い本が1冊読めます。貴重な時間です。
 〜でも山歩きは〜
 持ってきた食べ物、作ってきた梅酒、苦しい急斜面、危険な場所、出会った動物、バテた奴の荷物を持って登る・・・色んな物、出来事を分かち合えるので、私は山歩きは仲間がいた方が断然いいです。
 丁度、夜の停電や地震があった時、分かち合える「誰か」がいると盛り上がれる感じと似ています。(笑)

宮崎の勤
2021/05/31 (Mon) 23:20

風俗の店は一人で行くけど、山は一人では登らない!(笑)

霧島
2021/06/01 (Tue) 07:45

>雑草Zさん

なるほどそうですか。20代の頃は、いつも仲間数人と山登りをしていました。
今思い出しても確かに楽しかったですね。でもしだいに居心地の悪さを感じてきました。
自分のペースで登れない。好きな時に休んで、好きなタイミングで立ち止まって写真を撮れない。
ルートやルート変更など自由に決められない等々が理由です。
今は、ソロのデメリットは全く感じないですね。

霧島
2021/06/01 (Tue) 07:46

>宮崎の勤さん

そうですか。「山はひとりで!」派は少ないですね。
でも、「孤高の人」じゃないけどソロのほうが断然カッコいいです!(笑)

Menu:12 霧島の シン・日本紀行