東日本大震災から 10年

2011年3月11日 14時46分、東日本大震災が発生した。


 巨大津波と東京電力福島第1原発事故という未曽有の複合大災害は、甚大な被害をもたらし、関連死を含めて約2万2千余りの人命を奪った。


 日々の暮らしを無慈悲に奪われ絶望したあの日から、今日で10年を迎える。

 東日本大震災が発生してから数日後、絶望のどん底あった人々の心に宮沢賢治の言葉が浮かんだ。

 彼の代表作 『雨ニモマケズ』 だ。


 「絆 3.11 」 という被災者支援プロジェクトで、俳優の渡辺謙さんが被災者への思いを込めて朗読していた。

 インターネットでも紹介され、ハリウッドスターも賛同し、その輪は世界に広がって行った。









投稿者: 霧島




kizuna311 #01 渡辺謙「雨ニモマケズ」朗読  (YouTube 動画) 



みなさんご存知のように、『雨ニモマケズ』 の詩は賢治の死後に発見されたもので、題もついていなかった。

 
 賢治が愛用していた手帳に鉛筆でメモのように書き留められていた。

 
 詩の節奏を備えていたことから 「詩作品」 と見なされてしまったもので、発表したり他人に読ませたりすることを意図しない賢治の心のつぶやきと言ってもいいと思う。

 発見と同時に 「賢治の代表作」 にされてしまった運命の詩でもある。





宮沢賢治_絶詠二首


昭和8年9月20日、死の前日に賢治が書いた絶詠二首。


「方十里稗貫 (ひえぬき) の みかも稲熟れて み祭三日そらはれわたる」

「病 (いたつき) の ゆゑにもくちんいのちなり みのりに棄 (す) てばうれしからまし」


 この年の秋は、賢治の住んでいる岩手の稗貫郡は大豊作になり、三日間続いた鳥谷ヶ崎神社の祭りでは、貧しい多くの農民達が喜びを爆発させた。

 度重なる冷害で疲弊した農民たちの絶望が希望に変わった瞬間だ。

 豊作にわく秋祭りのお囃子を聴きながら賢治は、この歌を詠んだ。
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

13 Comments

Tanoken

東日本大震災から10年を迎えました。
災害の犠牲になられた方々に、ご冥福をお祈りいたします。
また、復興にまだ時間が掛かる方々に、一日も早い復興を心より申し上げます。

  • 2021/03/11 (Thu) 21:26
宮崎の勤

謙さんの声、渋いなぁ! 惚れてしまうわ!(ホモじゃないけど)

  • 2021/03/12 (Fri) 00:45
  • EDIT
霧島

>tanokenさん

30年後、50年後を見据えた復興が大事だと思います。復興庁にはビジョンがない??!!
防潮堤、かさ上げ住宅、ハコモノ施設などなど、ハードな部分の復興はほぼ達成されつつあります。
しかし、「新しい住宅地は老人ホームみたいだ」「仕事がないから若者は帰ってこない」「50年後には
町に人がいなくなってしまう」などなどの声が聞こえてきます。
ハード面の復興とソフト面の復興の不整合ってやつです。やれやれ。

  • 2021/03/12 (Fri) 07:50
  • EDIT
霧島

>宮崎の勤さん

謙さん、いいですね。わたくしもNHKの大河ドラマ「独眼竜政宗」以来の大ファンです。
存在感バリバリの勝元役で出演したハリウッド映画の「ラストサムライ」は、アメリカでも
大ヒットしましたね。いやー、ほんとカッコいいです。
https://youtu.be/qqdZpDgkAT8

  • 2021/03/12 (Fri) 07:51
  • EDIT
霧島

あっ、思い出しました。

今日の21時からの「金曜ロードショー」で渡辺謙、佐藤浩市主演の「fukushima 50」が
放映されます。皆さん観てください。見応えありますよ!
http://tf.cocolog-nifty.com/skier/2021/02/post-eff2de.html

  • 2021/03/12 (Fri) 07:52
  • EDIT
ももPAPA

おはようございます。

あの日、14:46分
買い出し帰り、ローソンポプラと道路を挟んで向かいにあった
ガソリンスタンドでTV観てて・・最初何が起こったのかわから
ず、後になって甚大な地震があって津波警報が出されたことを知
りました。
地震は突然やってきて、無慈悲にも多くの人の尊い命を奪い去っ
っていきました。 悔しさとぶつけようのない怒りで涙が込み上
げ、止まりませんでした。
14:46分 静かに黙祷を捧げました。
震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

金曜ロードショー「fukushima 50」
ロックオン 完了です!

  • 2021/03/12 (Fri) 10:18
  • EDIT
霧島

>モモPAPAさん

大いなる自然の力の前で、人間はいかに微力で儚いもであるかを思い思い知らされました。人間社会の脆さ、経済活動の脆さ、自分がいかに無力であるかなどなど。。。
わたくしも、14時46分にかみさんと一緒に黙祷を捧げました。

  • 2021/03/12 (Fri) 14:14
  • EDIT
Anthony

掲示板でのこの記事に対しての今井政幸さんのコメント

わたすはどこぞの賢治展でこの詩の書き留められた本物の手帳を見てるにゃ。
展覧会はなんでも小まめに行っておくもんだ。
2万人以上の犠牲者はほとんど津波によるものだから、わたす的にはこの犠牲は日本の防災意識の低さによるものと考えるから斬鬼に耐えない。
日本人の防災への意識の低さはいまのコロナででも見受けられて、これだけの世界的規模の被害が出てて、ロシアなんかでは生物兵器と思ってるほどのを単なる風邪と考えたくらいだ。
戦争での攻撃に匹敵すると外国では気を引き締めたのに、日本は、たかを括ったせいで多くの人命を失ってしまった。
命を失ったら二度ととりもどせないと大震災時に心に刻んだことじゃなかったのかいね。
コロナの緊急事態宣言はもう延長出来ないから、解除後またぞろコロナは多くの感染者を出すことだろ。
平和ボケというか防災意識がないというか、今ここで南海トラフとか第二の関東大地震が襲ったら、東日本大震災の経験を生かして、被害者を最小限に食い止められるのだろうか。
そゆわたすも防災バッグは持っているが水や食料の備蓄はないな。
水は1.8Lのペットボトルのをカートンで買っておかねばねば。
あのペットボトルのはどれくらい保つんだろ。
でも2カートンもあれば足りるのかな?

  • 2021/03/13 (Sat) 03:03
  • EDIT
霧島

>今井君!

本物の「雨ニモマケズ手帳」を見たというのはほんとうかな??(笑)
非常に残念ですが、わたくしは、まだ本物を見たことがありません。岩手県花巻市の宮沢賢治記念館には、何回も行きましたが、ここに展示されているのはリプリカだけなのです。10年くらい前、仙台で「宮沢賢治展」があったときも、「雨ニモマケズ手帳」は修復中とのことで、その時もレプリカでした。本物の「雨ニモマケズ手帳」は、記念館近くにある温度管理、湿度管理、抗菌管理された、林風舎が所有する収蔵庫に厳重に保管されてます。でも、何と、今年の9月に本物が公開されるのです。非常に、大変、心から楽しみにしてます!
●宮沢賢治「雨ニモマケズ手帳」特別公開
期間:2021年9月8日(水)から9月21日(火)まで場所:宮沢賢治記念館
https://www.tohokukanko.jp/sozaishu/detail_1008058.html

  • 2021/03/13 (Sat) 13:46
  • EDIT
Anthony

>>今井君!  掲示板でのこの記事に対しての今井政幸さんのコメント

その宮澤賢治展は、本物の手帳がウリだったから偽物ということはないな。
もっとも本物と称して偽物を展示されてもその真偽はわたすには分からんが。
わたす的には取り立ててその時本物の手帳を見る為に展覧会に行ったわけじゃなかったから他の展示物のついでに本物を見れてラッキーと思った。
創作は閃けばいつでもどこでもアイデアが浮かんでくる。
わたすもいつも手帳を持ってようかな。
わたすは一度にご飯は2合炊いて、それが翌日まで持つから(もっともわたすは一日に2食しかしないが。)、一日4合とは結構食べてたね。
賢治は肉食じゃなかったからそれくらいご飯を食べないと腹がもたないのか。

  • 2021/03/15 (Mon) 02:15
  • EDIT
utokyo318

宮沢賢治、実際は裕福な家庭で育ったと聞いた気がしますが、私はずっと貧乏なので、「雨ニモ負ケズ」には励まされますね(^_^;)
治療費もないので、とりあえず長患いをしないようにはしていかなければです。

  • 2021/03/17 (Wed) 22:11
  • EDIT
霧島

>utokyo318さん

おっしゃる通りです。
宮沢賢治は、花巻の地主で質屋・古着商を営むかなり裕福な家に生まれました。
盛岡高等農林学校(現.岩手大学農学部)を卒業後教師になりましたが、もらった
給料の全てを当時高額だったクラシックレコード収集に使っていて、生活費の
全てを実家からもらっていました。ほとんど扶養状態ですね。
教師を辞めた賢治は、「羅須地人協会」を設立して若い農民たちを集め、自ら書いた
論文「農民芸術概論綱要」の実践を試みるのですが、「金持ちお坊ちゃんの道楽だべ!
すぐにダメになるべ!」と陰口を言う輩も多かったそうです。
宮沢賢治記念館の前に、賢治ゆかりのバラ「グルス・アン・テプリッツ」が植えてあります。
このバラは、賢治が羅須地人協会(賢治の家)前の花壇に植えていたバラで、
ずっと植え継いできたものだそうです。
当時、賢治は、このバラや花の種を、わざわざイギリスのサットン商会から大金を使って
取り寄せていたとか。やれやれ。

  • 2021/03/18 (Thu) 09:04
  • EDIT
霧島

>掲示板でのこの記事に対しての今井政幸さんのコメント

あのー、今井君、アホな事を書かないでください。病弱だった賢治が「一日四合の玄米」は食べられないでしょう。
当時の東北地方の農民は、普通に玄米四合を食べていました。おかずは、漬物や野菜の煮付だけで栄養価の高い玄米を大量に食べて重労働の農作業をしてたようです。
「サウイフモノニワタシハナリタイ」「そういう農民にわたしはなりたい」と言うことです。
https://youtu.be/YHTBitDY8CY

  • 2021/03/18 (Thu) 10:50
  • EDIT