バートン 「ステップ ・オン バインディング」

バートンの 「ステップ・オン バインディング」 と専用ブーツ
バートンの 「ステップ・オン バインディング」と専用ブーツ


バインディングは、スノーボードにブーツを固定しいる器具のことを指します。


 これには大きく分けて2種類があります。


 まず、ストラップ・タイプです。これは一般的に良く使われているタイプで、ストラップを使ってブーツのつま先側と足首を固定するタイプのものです。

 取り付け方は、ブーツをビンディングにセットし、ストラップを締めて固定します。

 メリットとしては、がっちりときつく締めることもできるので、しっかりと足をボードにホールドすることができ滑りが安定します。

 デメリットは、取り付けるのに時間がかかり、使い慣れるまでは少し厄介だという点です。

 ステップ・イン・システムは、スキーのようにブーツをはめ込むだけで固定できるタイプです。

 このタイプのメリットは、短時間で固定できる点です。

 ただ、ブーツとボードの間に少し隙間があることと、滑っている時の固定力があまり強くないので、不安定で転び方によってはすぐに外れてしまいます。

 このタイプはデメリットが多く、現在はあまり見かけなくなっています。


 そこで、バートンの 「ステップ・オン バインディング」 の登場となったわけです。









投稿者: 霧島





Winter 2020 Step On®︎ バートン 「ステップ・オン バインディング」 のPR動画 



これはストラップ・タイプとステップ・イン・システムの良いとこ取りのようなシステムで、


 ストラップでブーツを締めて固定することなく、スキーのようにカチッとブーツでバインディングを踏み込むだけで簡単に瞬時に取り付けることができます。

 
 しかも、ボードとの間に隙間は無く、ストラップ・タイプ並みのホールド感があるという優れものです。

 ただし、ステップオン専用のブーツが必要になりますし、一式8万円 ~ 10万円とかなり高価なところが難点です。

 しかし、先シーズンあたりから急速に売れてきているとのこと。

 いやー、世の中金持ちが多いですね!! (笑)  わたくしは、様子見かなー という感じです。

 スキー場で一度もバインディングを外すことがないスキーと、リフトに乗るたびにバインディングを外して、降りたらまた付けなければならないスノーボードとの差は大きいもがあります。

 だからこそバートンの 「ステップ・オン バインディング」 が売れているのでしょう。

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

4 Comments

☘雑草Z☘

バインディングの事は分からないのでコメント出来ませんが・・・

キョンキョンさんの【べこ政宗】の記事 https://anthony3b.blog.fc2.com/blog-entry-6344.html
のコメント欄のお返事です(笑)今回の記事の内容に関係ないコメントですみません。

昨日所用で仙台日帰りしましたが、お昼に「麺屋 政宗」に行ってつけ麺食べてみました。
期待を遥かに上回って旨かったです。今まで食べたつけ麺の中で一等旨かったです。つけ麺の進化は著しいと感じました。

  • 2020/12/30 (Wed) 19:03
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

そうでしたか!良かったです。
「麺屋政宗」のつけ麺はけっこう評判がよくて、地元の番組「ohバンデス」などでも紹介されていました。

スノーボードやスキーをやらない人にとっては、全く興味がなくちんぷんかんぷんだと思っていました。
マニアックすぎましたね。やれやれ。

  • 2020/12/31 (Thu) 07:34
  • EDIT
ビンダ

こんにちは

昔、スノーボードで遊んでたころ
このガチャっと付けられる便利なやつが出始めてました
進化したんですね
スキー場も十年以上ご無沙汰で、行くのが怖いです(*´▽`*)
来年もよろしくお願いします。

  • 2020/12/31 (Thu) 15:18
霧島

>ビンダさん

こちらこそよろしくお願いします。
そうなんです。最近のステップオンタイプは、ストラップタイプと同じホールド感があって、何の違和感も無いようです。凄いです。

  • 2020/12/31 (Thu) 19:58