その89 舶来

「船場吉兆」さんの偽装報道が、止まらない。

 テレビではどう語られているのか私自身は皆無であるが、少なくとも新聞記事によれば「表示偽装」。いわゆる詐欺である。

 人間にとってもっとも必要な衣食住で、全てに偽装がまかり通る世の中になってしまったか。

 思えば耐震偽装やアスベスト被害、偽ブランドに、今回は「偽ブランド牛」である。

 日本を代表する老舗料亭だけに残念な話だ。復帰したあかつきには、是非とも真面目な商売を再開していただきたい。

 それにして、も日本人は何故にこんなにもブランド品が好きなのか。

 私が思うに、日本人は元々清潔好きで、高級嗜好なのではないかと思う。

 しかも、比較的庶民にも高級品が手に入ると言う事は、やはり真面目で勤勉なゆえの褒美と言っても良いだろう。

 私も子供の頃はチョコレート一つとっても「舶来品」などと、輸入物を好んで食べていた記憶がある。

 が、である。食にしろ衣服にしろ本来ならば芸術であるブランド品が、商業ベースに乗るともういけない。

 しかも、マスコミで紹介されるなど予想もつかずに、一気にお客様が殺到したら、ひとたまりもない。製造が間に合わないし、そもそも原材料が圧倒的に不足する。

 本来ならば、無いなら無いでお断りすれば良いだけの話であるが、資本主義にどっぷりと浸かった現代日本では、そうもいかない。

 よって、偽ブランド品や食肉偽装と相成るのではなかろうか?

 そしてそれが一般消費者には疑われずに、利益だけが増大するとなれば、それは悪魔に魂を売る者も出て来るであろう。

 その意味では雪印さんから始まる一連の食品偽装は、資本主義の終りの始まりのような気がしてならないのである。


[追記] 

 休日が故に少々羽目をはずしてしまい、二日酔いの為に更新が遅れたことをお詫びいたします。

 これから年末にかけて、皆さまも宴席の機会が増えるかと思いますが、あくまでも「酒はほどほどに」をモットーに、楽しんでいただきますようにお願いいたします。



投稿者: Nao






[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

2 Comments

雑草Z

資本主義の終わりの終わりはいつ来るか・・

>一連の食品偽装は、資本主義の終りの始まり

なかなか鋭いご指摘です。でも経済成長主義は、世界の大主流ですから、経済成長して儲けようとする輩で溢れた資本主義社会は、まだまだしぶとく続くでしょうね。そしてもっともっと酷い「不正、偽装、破壊」がはびこりそうですね。詐欺と同様、新種の偽装も次々に起きるのではないでしょうか?
 はやく、資本主義の終わりの終わりが来ないと世も末ですね。

  • 2007/11/20 (Tue) 20:42
  • EDIT
nao

雑草Zさん、それにしても資本家は己の利益追求の為に従業員の所得を減らして、結果多くの庶民が消費量を減らして、おのずと会社経営が苦しくなるってのにいつになったら気付くのでしょうか(笑)。
とにもかくにもこれ以上犯罪を増やさない為にもTVを代表とする消費刺激をやめさせねばなりません。それが最後には資本家の為にもなります。

  • 2007/11/20 (Tue) 22:11