映画 『劇場版 「鬼滅の刃」 無限列車編』

劇場版 「鬼滅の刃」 無限列車編_b
『劇場版 「鬼滅の刃」 無限列車編』 立て看板 映画館にて  Photo by Kirishima


今、日本で大ブームを巻き起こしているアニメ映画 『鬼滅の刃』 を観てきました。


 封切から1ヶ月間での興行収入は、なんと、250億円を突破したというモンスター映画です。


 原作 吾峠呼世晴 (ごとうげこよはる) さんの超人気アニメで、昨年テレビで放送されて人気が沸騰しました。

 『鬼滅の刃』 は、大正時代の日本の山村で幕をあける。

 炭焼きを生業にしている竈門炭治郎 (かまどたんじろう) が、妹の禰豆子 (ねずこ) だけを残し、最愛の家族を鬼によって惨殺されてしまうのである。

 その鬼によって鬼化されてしまった妹 禰豆子を人間に戻すために、鬼と戦う物語である。


 ネタバレしないように少し書きますが、鬼殺隊 「柱」 の一人、煉獄(れんごく)さんは、カッコ良すぎです!

 この映画の主人公・主役は、炭治郎ではなく 「煉獄さん」 だと確信しました ・・・










投稿者: 霧島


あまり期待はしていなかったのですが、手塚治虫の 『どろろ』 (どろろ と 百鬼丸) を彷彿させる映画で、面白かったです。


 楽しめました。 観て良かったと思いました。 お勧めです。


 ただ、ギャグ・シーンが多かったことと、ラストは、深い悲しみに覆われてしまってハッピー・エンドでなかったことが少し不満でした。

 ワイドショーなどを見ていると 「2回も3回も観た」 「感動した、感激した」 「涙が止まらなかった」 などなど多くの感想が聞かれましたが、わたくし的には、 「そこまではなーー??」 というのが正直なところです。




劇場版 「鬼滅の刃」 無限列車編 予告編第1弾  (YouTube 動画)



ところで、 「鬼」 と言えば、多くの人を喰らった大江山の鬼、酒吞童子や桃太郎の鬼ヶ島の鬼が有名ですが、


 東北にも多くの鬼伝説などが残されています。


 岩手県北上市の鬼剣舞をはじめ、黒石寺の鬼子のぼり、福島県二本松市の安達ヶ原の鬼婆伝説、同じく福島県田村市の坂上田村麻呂と戦った大多鬼丸が自刃した鬼穴伝説などなど ・・・

 正岡子規が福島県二本松市の安達ヶ原を訪れた際、このような句・歌を残しています。

「涼しさや 聞けばむかしは 鬼の塚」 「みちのくの 安達ヶ原の黒塚に 鬼こもれりと聞くまことか」

 これは、なぜなのでしょう??

 古墳時代後期、陰陽道というものが、大陸から仏教とともに伝来してきました。

 いわば方位占いみたいな思想ですが、その陰陽道によると疾病や災いをもたらす方角を 「鬼門」 と言い、それが東北の方角だったのです。

 中央政権にとって東北はまさに 「鬼門」 であり、そこに住んでいた エミシ は鬼と見なされたのでしょう。

 天皇を頂点とした強力な律令国家を構築したい朝廷にとって、朝廷の支配に属さない東北地方は厄介な存在だったのです。



 → 劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式HP


関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

14 Comments

tanoken

我が家の2人娘は鬼滅の刃の話ばかりしているので話題についていけないので、漫画を娘に借りて少しづつ読んでいます。(まだ5巻です)

  • 2020/12/05 (Sat) 15:59
Anthony

アニメ放送を1話見ただけで中断していた。

 1話を見終えた段階で、面白そうなので後で配信でまとめて見ようと思っていたのだけれど、、、

 周囲からの

 「キメハラ」

・「鬼滅まだ見てないの?」「見ようよ」と押し付けてくる行為

・「鬼滅がダメな人っているんだ」と好みを否定する行為

・「鬼滅がつまらない 、興味ない」と他人に言えない雰囲気

 を受けて、逆に見る気を失くしてしまいました。

 が、ウチの彼女も、「見ていないの?、なんで見ないの?」と、しつこく迫られるというキメハラ被害を受けているそうなので、

 先週の日曜に2~19話まで、まとめて見ました。

 で、感想ですが、、、 とても、面白かったですよ。
 
 最終話まで見ていないので、まだ判断できませんが、この武漢肺炎ウイルス蔓延で大変な時期に、劇場に足を運んでまで劇場版を見たいか?といえば、そこまでではありません。

 もし、劇場版を見に行きたくなったとしても、2度も3度も見たい、ってことにはならないと思います。

  • 2020/12/05 (Sat) 19:41
  • EDIT
宮崎の勤

キメハラ

俺も現在進行形で受けている。
「鬼滅を見てないなんて信じられない」「まだ見てないって、天邪鬼だな」とか言われてる毎日だ。
で、最初「キメハラ」って言葉を聞いて、俺は「キメセク」(笑)みたいなもんかなって思ってた。

  • 2020/12/06 (Sun) 02:34
  • EDIT
霧島

>tanokenさん

そうですか、お父さんも大変ですね!(笑)
鬼滅の刃の漫画本を持ってるとは!凄いと思います。
書店では、どこも品切れ状態が続き、メルカリでは倍の値段で
売られているとか。

  • 2020/12/06 (Sun) 07:49
  • EDIT
霧島

>Anthonyさん

家でも、土曜日に再放送している鬼滅の刃のアニメを毎週録画して観てます。
CMがとんでもなく多いので、録画してCMを飛ばさないと観れないです。
なるほど、「キメハラ」という言葉もあったのですね。初めて聞きました。

  • 2020/12/06 (Sun) 07:50
  • EDIT
霧島

>宮崎の勤さん

そうですか、宮崎の勤さんも「キメハラ」を受けているのですね。つらいでしょうね!?(笑)
世の中多様性の時代ですから、マンガを読んでも、映画を観ても「つまらなかった」
「がっかりした」なんて人も多いと思います。

  • 2020/12/06 (Sun) 07:52
  • EDIT
☘雑草Z☘

『鬼滅の刃』 は、興味ありませんでしたが・・・

 この霧島さんの記事を読んで、面白いかもと思いました。
特に
 >『どろろ』 (どろろ と 百鬼丸) を彷彿させる
に食指が動きました。
 『どろろ』は子供の頃最も好きなアニメで、「明日のジョー」よりも好きだったかも知れません。
単行本も揃えました。(全4巻)

>ギャグ・シーンが多かった

ってのも手塚漫画と共通するのでは?

  • 2020/12/06 (Sun) 21:46
  • EDIT
Anthony

宮崎の勤 くん、

キメハラとキメセクでは大違い!

 キメセクは、何でキメるかによっては違うけれど、だいたいが非合法。。。(苦笑)

 

  • 2020/12/07 (Mon) 01:03
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

あくまでも推測ですが、作者の吾峠呼世晴さんは、コアな手塚治虫ファンだと思いました。
「鬼滅の刃」を数冊読みましたが、特に「どろろ」「三つ目がとおる」「ブラックジャック」からの
影響はかなりあるのではないかと思われます!?
まあ、手塚治虫から影響を受けてない漫画家なんていないと思いますが・・・・
そうです、シリアスなシーンなに突然ギャグシーン入ってくるのも似てます。

  • 2020/12/07 (Mon) 07:54
  • EDIT
☘雑草Z☘

ますます興味持ちました。

>作者の吾峠呼世晴さんは、コアな手塚治虫ファンだと思いました。
>特に「どろろ」「三つ目がとおる」「ブラックジャック」からの 影響はかなりあるのではないかと思われます!?

おそらく、霧島さんの推測は当たっているでしょうね。余裕が出来たら「鬼滅の刃」見てみたいと思います。

>シリアスなシーンなに突然ギャグシーン入ってくるのも似てます。

映画でもそうだったんですか?
手塚治虫のアニメも突然ギャグシーンが入って来て、
幼い頃は、ヒョウタンツギ とかいきなり出て来て意味が分からず理解に苦しみました(笑)。
ある程度大きくなってからは、あれがいいと思うようになりましたが・・(爆)。

  • 2020/12/07 (Mon) 19:24
  • EDIT
宮崎の勤

霧島さん

キメハラに耐えられなくて、ついにAmazonプライムの配信で、5話まで続けて見たら、、、面白かった。
漫画をジャンプで何度か立ち読みしたことがあるけど、そんなに面白いとは思わなかった。
アニメだと動きが加わるから、全然、違うわ。
でも、金払ってまで、映画館に行こうとは思わんかった。

  • 2020/12/08 (Tue) 01:32
  • EDIT
宮崎の勤

編集長へ

焼酎で合法的にキメセクしようとしたら、、、 裸のまんま爆睡した。(笑)

  • 2020/12/08 (Tue) 01:35
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

そうなんです。映画でもギャグシーンが突然入ってきました。
しかも、なんか多くて長い感じがしました。半分くらいに減したほうが、
上映時間Ⅰ時間30分くらいのスッキリした映画になったと思いますね。

  • 2020/12/08 (Tue) 07:34
  • EDIT
霧島

>宮崎の勤さん

そうでしたか。 やはり、アニメを観れば7割前後の人は面白いと思うでしょうね。
映画は、「千と千尋の神隠し」持つ記録、興業収入308億円をもうすぐ突破する
そうですから、話のネタに観てください(笑)

  • 2020/12/08 (Tue) 07:35
  • EDIT