宮沢賢治 『発電所』 と 三居沢水力発電所(仙台市 青葉区)

宮沢賢治の詩集 『春と修羅』 第二集 『岩根橋発電所詩群』 の(下書稿)に 『発電所』 と題された詩があります。


 その詩には、現在の岩手県花巻市と遠野市の境にあった 「岩根橋水力発電所」 を見学した時の印象がつづられています。


 賢治は、自然エネルギーを使った発電に強い関心を示していて、農村に電力によるエネルギーを導入しようと考えていました。

 理想郷イーハトーブを支える発電施設として、潮汐 (ちょうせき) 発電や想像もできませんが、銀河宇宙を利用した空想的な発電プランも考えていました。

 賢治の時代、すでに石炭火力発電所はありましたが、賢治は石炭火力発電所にはほとんど興味を示さなかったようです。

 アバンギャルドな科学者 宮沢賢治は素晴らしいですね!




三居沢水力発電所
Photo by Kirishima


仙台市青葉区の 「三居沢(さんきょざわ)水力発電所」


 賢治が見学した 「岩根橋発電所」 は現存しませんが、これと同じ発電所が仙台市青葉区にあるのです。









投稿者: 霧島




三居沢水力発電所_2


ここは日本の水力発電発祥の地としても知られていて、


 明治41年に建てられた建物は国指定の有形文化財として登録され、さらに発電所とその所有物は近代産業遺産として認定されいます。


 今は東北電力が管理していて、なんと現在も現役バリバリで発電しているのです。 すごいですね!




『発電所』 宮沢賢治


鈍った雪をあちこち載せる

鉄やギャブロの峯の脚

二十日の月の錫のあかりを

わづかに赤い落水管と

ガラスづくりの発電室と

……また余水吐の青じろい滝……

くろい蝸牛水車(スネールタービン)で

早くも春の雷気を鳴らし

鞘翅発電機(ダイナモコレオプテラ)をもって

愴たる夜中のねむけをふるはせ

むら気な十の電圧計や

もっと多情な電流計で

鉛直フズリナ配電盤に

交通地図の模型をつくり

大トランスの六つから

三万ボルトのけいれんを

塔の初号に連結すれば

幾列の清冽な電燈は

青じろい風や川をわたり

まっ黒な工場の夜の屋根から

赤い傘、火花の雲を噴きあげる





三居沢水力発電所_3


賢治の大正14年の詩 『発電所』 に登場するカタツムリのような形の 「蝸牛水車 (スネール・タービン) 」 が、 これです。


 なんと、当時賢治が見学したものと全く同じものが、ここ三居沢発電所にあります。



 また、宮沢賢治の名作 『グスコーブドリの伝記』 には 「潮汐 (ちょうせき) 発電所」 が登場します。


クーボー大博士は器械をすっかり調べて、それから老技師といろいろ話しました。そしてしまいに言いました。「もうどうしても、来年は汐発電所を全部作ってしまわなければならない。それができれば今度のような場合にもその日のうちに仕事ができるし、ブドリ君が言っている沼ばたけの肥料も降らせられるんだ。」


それから四年の間に、クーボー大博士の計画どおり、潮汐発電所は、イーハトーヴの海岸に沿って、二百も配置されました。イーハトーヴをめぐる火山には、観測小屋といっしょに、白く塗られた鉄の櫓やぐらが順々に建ちました。


 → 『グスコーブドリの伝記』  (青空文庫 図書カード:No.1924)

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

31 Comments

Anthony

No title

僕が初めて発電所に接したのは、小学校の社会見学で京都の宇治川の発電所に行ったときでした。

 水力発電所といえば「ダム発電所」とのイメージがあったので、巨大な建造物にあこがれていた当時の僕は、「水路発電所」のほとんど落差の無い、水量の無い放水を見てガッカリしました。(苦笑)

 でも、大正2年完成の割には32,500kWの発電量を誇り、環境破壊も少ない、都市部に近い発電所に対して、逆に「未来」を感じました。

 別にダムを建設しなくても、そこそこの発電はできるのに、なんで、ダム式の発電所を作るのだろうか?

 建設関連の会社が儲かるように、世の中にはそういう仕組みが出来上がってるのか?

 と、小学生だった僕は疑問に思いました。

  • 2020/11/28 (Sat) 02:17
  • EDIT
Anthony

掲示板でのこの記事に対しての今井政幸さんのコメント

わたすが小学生の時、国語の教科書に佐久間ダムが完成した話が出てて、何故かその水力発電のエピソードをわたすはよく覚えてた。
調べてみると、どうやらそれは、教育出版の6年生の教科書だったようだ。

https://ideacon.jp/technology/paper/pdf/201809p_01.pdf

教科書に刷り込まれたわたすはダム建設は良いことだと思ってたが、近年、脱ダム派が台頭して、ついぞダムは建設されなくなった。
が、今年の水害被害で多数の死者を出した球磨川ではダム建設が始まるらすい。
いま、世界は脱炭素派が主流となったので、火力発電が槍玉に挙げられているが、かといって、ダム建設と水力発電が推し進められてるわけでもない。
ダムはいずれ堰き止められた土砂堆積物の増加によって埋もれていくから意味がないという。
限界費用ゼロ社会。
これからコストゼロ社会へと時代が進んでいくので、太陽エネルギーと風力エネルギーが主流になると言われている。
いま賢治が生きていたら、風力発電の下で詩作に耽るかも。
風の又三郎の出番だい。

  • 2020/11/28 (Sat) 19:59
  • EDIT
☘雑草Z☘

このくらいのダムがいいのかと思います。

 原発よりは火力発電、火力発電よりは水力発電がいいと思いますが、水力発電でも大きいとかなり問題が多いですね。
その典型が中国の三峡ダムで、問題だらけです。完全に失敗した巨大事業です。
 やっぱり水力の利用は小規模が色々な意味でいいです。発電でなくとも、水車とかの利用も小規模だからこそです。
 その点、この三居沢水力発電所も小規模で無理がなくてとてもいいと思います。
 地図を調べて驚いたのですが、仙台市の繁華街から直ぐの場所で、ちょっとだけ広瀬川を上流に遡った辺りですね?作並温泉よりもずっと市街地寄りですね!広瀬川に放水しているようですが、取水も広瀬川の上流からでしょうか?
 霧島さんが撮られた写真も素敵な建物です。来年あたり、見学に行きたいと思います。
(夜はピーターパンに行ってみようかしらん?)
  

  • 2020/11/28 (Sat) 20:30
  • EDIT
ビンダ

こんばんは

すっかり読んでしまった!
こういう話大好きなもので
またお願いします。

  • 2020/11/28 (Sat) 20:42
☘雑草Z☘

先見の明があり過ぎですよ、編集長

二十世紀は、規模の利益が叫ばれて、規模が拡大すれば経済性が高まると言われてきました。
実際には何事も適正な規模があって、ダムのそれはかなり小さいと言うことがわかってきました。・・・と言うことを、私は大人になってだいぶ経ってから書物等で読んで分かりました。

小学生時代に京都の宇治川の発電所を見学して

>環境破壊も少ない、都市部に近い発電所に対して、逆に「未来」を感じました。

って、賢い子供でしたね。送電ロスはかなり大きいので、消費地の都市部に近いのは大きなメリットだし、それでいて小規模発電で落差も小さければ、事故の可能性も事故の時の被害の規模も小さいですからね。何より環境負荷が小さいのがいいですね!


  • 2020/11/28 (Sat) 20:52
  • EDIT
霧島

>Anthonyさん

確かに、雑草Zさんが言うように、巨大なダムは自然をズタズタにしますし、
問題もかなり多いと思います。ダムは、やっぱり小規模に限ると思います。
ここ数年、台風などにより多くの水害が発生して、「ダムに頼らない治水、
脱ダム治水」には、生き詰まり感が発生してきています。
やっぱり、治水のために小規模なダムは必要ですね。

  • 2020/11/28 (Sat) 22:31
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

仙台の三居沢発電所は、伊達政宗が建てた国宝大崎八幡宮や東北大学の
川内キャンパスの近くにあるので、街の中の発電所という感じです。
取水は、青葉山から広瀬川にそそぐ川からのようです。
隣には、大きな滝のある三居沢不動尊があって仙台市民の憩いの場になっています。
仙台に来たときは、是非寄って見てください。
http://miyagitabi.com/aobaku/sankyozawa/

  • 2020/11/28 (Sat) 22:33
  • EDIT
霧島

>ビンダさん

そうですか、ありがとうございます。
でも、最近はネタ切れで難儀してます!やれやれ!(笑)

  • 2020/11/28 (Sat) 22:36
  • EDIT
霧島

>掲示板でのこの記事に対しての今井政幸さんのコメント

まあ、今井君も書いてるようですが、これからは太陽光発電と洋上風力発電が
主流になるでしよう。洋上風力資源のポテンシャルが高い、秋田県沖と
千葉県銚子沖には、風車の直径が200メートル、高さが東京タワー並みの
洋上風力発電機が50機~100機も作られるそうです。火力発電所2基分の発電規模
なるとか。素晴らしいですね。

  • 2020/11/28 (Sat) 22:38
  • EDIT
☘雑草Z☘

霧島さんご案内のサイトを見たら、ますます行きたくなりました。

私は不動尊も好きなので、是非とも行きたいです。ご紹介のサイトの写真を見る限り、趣があってとても良さげです。
更に、
>不動尊・発電所・交通公園 三居沢
って書いてあって脈絡が面白いです。不動尊って「不動滝」のところにあることも多いので、発電所と不動尊は繋がりが深いのかも?
まあ、交通公園は行かなくてもいいですが(笑)

  • 2020/11/29 (Sun) 00:24
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

たしかに、全国には、多くの不動尊、不動滝がありますね。詳しくは分からないですが、山岳信仰、修験道、滝行と関係してるようです。
不動明王信仰か??

  • 2020/11/29 (Sun) 15:30
宮崎の勤

小型の発電所といったら、電力の捨て場(揚水発電所)のイメージしかなかったんだけど、原発に比べて耐久年数も長いし、もっと増えてもいいと思うよ。

  • 2020/11/29 (Sun) 20:23
  • EDIT
☘雑草Z☘

仙台在住の知人や身内に聞いたら・・・

三居沢不動尊は心霊スポットにもなっているそうですね。ますます行きたくなりました。
特に心霊スポットが好きなわけではありませんが(自殺の名所とか興味ないです。)三居沢不動尊は魑魅魍魎の雰囲気があって凄くいいですね!仙台でローカル雑誌のライターをやっている友は、そのうち取材に行こうかと言ってました。

  • 2020/11/29 (Sun) 23:23
  • EDIT
JDA

明治の初め頃の発電所が現役バリバリなのが凄いです。
耐用年数が短い原発って、いったい、何?

  • 2020/11/30 (Mon) 00:43
  • EDIT
ちるちるみちる

自転車のライトも小さな発電所ですね。(笑)
でも、最近はダイナモで発電するよりも電池式が多くなってきていますが。

  • 2020/11/30 (Mon) 18:37
  • EDIT
霧島

>宮崎の勤さん

賛成です。夜間の余った電力を使うし、発電コストや設備投資の面からも
費用対効果が大きいので、日本でももっと増えるべきだと思いますね。

  • 2020/11/30 (Mon) 21:38
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

そうですか、心霊スポットになっているとは知りませんでした。
三居沢不動尊の雰囲気は、日中だと神秘的でいいですが、
夕方から夜にかけては、とても行けなです。
「鬼滅の刃」じゃないですか、鬼がでてきそうで怖いです。(笑)

  • 2020/11/30 (Mon) 21:40
  • EDIT
霧島

>JDAさん

100年以上発電し続けているなんて、ほんとに凄いと思います。
普通有り得ないですね。ギネスブックものじゃないかと思っています。

  • 2020/11/30 (Mon) 21:41
  • EDIT
霧島

>ちるちるみちるさん

ダイナモ発電ですか、懐かしいです。
東日本大震災のあと、ダイナモ式のラジオ兼時計や懐中電灯などを一式そろえましたね。
3~4分手でグルグルと回して発電しなくてはならないので、けっこう疲れました。(笑)

  • 2020/11/30 (Mon) 21:42
  • EDIT
☘雑草Z☘

杜の都仙台

 仙台市は、東北で一番人口が多く、政令指定都市ですが、自然に恵まれ、魑魅魍魎の神秘的なところも多く、素敵な所ですね。市街地に水力発電所があるって素晴らしいです。広瀬川の生態系の方が、こちらの阿賀川の生態系よりも豊かかも知れません。都市もこのくらいが住みやすい適正な大きさの限界かも知れません。

  • 2020/12/01 (Tue) 22:14
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

そうだと思います。100万人前後の人口だと、全ての面で快適だと実感できます。
100万人都市の市街地を流れる広瀬川は、夏は鮎釣りで賑わいますし、
秋には、鮭が遡上します。わたくしも見たことがありますが、街の橋の上から
遡上する様子を見ることがですます。

  • 2020/12/02 (Wed) 08:13
  • EDIT
☘雑草Z☘

広瀬川は、河畔林も多く、自然豊かな川だと思っていましたが・・・

霧島さん
 私が仙台に住んでいた短い期間は、広瀬川を愛でる余裕があまり無かったことが残念です。ただ、当時住んでいたアパートの近くの霊屋橋の下の河原で、葉っぱの化石を拾いました。今でも家に飾ってあります。 

>市街地を流れる広瀬川は、夏は鮎釣りで賑わいますし、秋には、鮭が遡上します。

 鮎が沢山いるのならば清流ですね!・・そう言えば、以前、作並温泉に泊まった時、露天風呂から魚が沢山泳いでいるのが見えて感激しました。やっぱり鮎だったのですね!?更に広瀬川に注ぐ小さな沢に沢蟹もいて尚更感激でした。
しかし、鮭の遡上は全く知りませんでした。素晴らしい川ですね!

  • 2020/12/02 (Wed) 20:12
  • EDIT
Anthony

雑草Z さん、

>って、賢い子供でしたね

僕が幼稚園の時に見に行った大阪万博の巨大パビリオンのほとんどが、たった半年で解体されたのを目前にして、

 「なんて馬鹿げたことをしているんだ」と思ったのが、巨大建造物に対しての失望です。

 拡大するだけのエセ未来を拒否したんだと思います。自分が。

でも、巨大建造物を見てワクワクする自分に対しての矛盾。(苦笑)

  • 2020/12/03 (Thu) 01:12
  • EDIT
Anthony

霧島 さん、

>ダムは、やっぱり小規模に限ると思います。

治水と発電の為には小規模発電は必要と思いますが、川の流水を使って、マイクロ発電所をたくさん作っていけばいいと思います。

 農業用水路に、小型モーターを数百機設置して発電しているのをTVで見たことがありますが、それなりに発電していましたよ。

  • 2020/12/03 (Thu) 01:16
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

霊屋下(おたまやした)ですか!良い所に住んで
いましたね。伊達政宗の墓所、瑞鳳殿がある
ところで、自然が豊かところです。
霊屋下の広瀬川一帯は化石の宝庫です。
メタセコイヤの埋没林(化石)なんかもあります。

  • 2020/12/03 (Thu) 13:12
  • EDIT
霧島

>Anthonyさん

あと、日本は四方が海ですから、宮沢賢治も
真剣に考えていた潮汐発電ですね!

  • 2020/12/03 (Thu) 13:18
☘雑草Z☘

霧島さん、そうでしたかあ!

霊屋橋の下の河原に降りていったら、丁度、葉っぱ1枚の化石を含んだ小さな岩があったので、周りを探しましたが、他には見つかりませんでした。

>霊屋下の広瀬川一帯は化石の宝庫です。メタセコイヤの埋没林(化石)なんかもあります。

それを知っていたなら、実家から化石掘り道具を持ってきて本格的に探したのに・・・これまた残念です。私は小中学校時代、近くの河原で化石掘りをするのが趣味でした。

そう言えば、河原の対岸は深い淵になっていて、その上に建っていたリバーサイドマンションの渕に面した側面が崩れかかっていた記憶があります。

  • 2020/12/03 (Thu) 21:56
  • EDIT
☘雑草Z☘

やっぱり賢過ぎです。編集長!

>たった半年で解体されたのを目前にして、「なんて馬鹿げたことをしているんだ」
>拡大するだけのエセ未来を拒否した

と思ったのが、
幼稚園の時、ってかなり賢い幼児だったと思いますよ。

  • 2020/12/03 (Thu) 22:04
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

そうですか、わたくしも化石には興味がありました。
仙台の伝統工芸で、青葉山や広瀬川の埋没林を使った「埋木細工(うもれぎざいく)」と
いうのがあります。

  • 2020/12/04 (Fri) 07:47
  • EDIT
☘雑草Z☘

霧島さん

>青葉山や広瀬川の埋没林を使った「埋木細工(うもれぎざいく)」

そうですか!初耳です。興味湧きました。今度仙台に行った時に見てみたいと思います。

  • 2020/12/04 (Fri) 20:20
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

埋木細工は、高くてちょっと買えませんが、
見るだけでも十分楽しめます。

  • 2020/12/05 (Sat) 07:44
  • EDIT