のっぽのサリー

ロックン・ロールの草分け、リトル・リチャード さんが5月9日に亡くなりました。 87歳でした。


 ビートルズを初めエルトン・ジョン、プリンスなど多くのアーティストに影響を与えた偉大なロックン・ローラーでした。


 謹んでお悔やみ申し上げます。

 
 ビートルズでは、ポール・マッカートニーが一番リトル・リチャードに傾倒していました。

 ポールは、リトル・リチャードのワイルドでエキセントリックなパフォーマンスに強くひきつけられていたのでしょう。

 初期のビートルズにおいて、ポールのパフォーマンスはリトル・リチャードそのまんまでした。



リトル・リチャードとビートルズ


リトル・リチャード と ビートルズ、 左端がポール・マッカートニー。


 ちなみに、当時ジョンとジョージが傾倒していのが、 『ロール・オーバー・ザ・ベートーヴェン』 や 『「ロック・アンド・ロール・ミュージック』 などの チャック・ベリー でした。

 ビートルズのほうが、オリジナルよりもいいかもです。 











投稿者: 霧島



Long Tall Sally (Remastered 2009)   (YouTube 動画)



ビートルズは、リトル・リチャードの 『のっぽのサリー』(Long Tall Sally) をカバーしています。もちろんピアノとボーカルはポール。


 初期のビートルズ・ツアーでは、コンサートのラスト・ナンバーになっている。

 ビートルズのシングル曲を集めてアルバムにした 『パスト・マスター VOL1』 に収録されています。





Little Richard - Long Tall Sally [Screen Test]  (YouTube 動画)



こちらは オリジナル。 リトル・リチャードの 『のっぽのサリー』 です。

 みなさんも聴いてください。
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

28 Comments

☘雑草Z☘

伝説の Little Richard

伝説の彼は今まで生きてたんですね?驚きです! R .I.P. 合掌
彼の動画を見るとブルーズは勿論、ロックンロールも黒人が生み出したことがよく分かるべ!
虐げられた環境でこのような凄い音楽を生み出す黒人の生きる力と感性に脱帽!
この曲は 私が大好きなLed Zeppelin もライブでカバーしてるべ。

  • 2020/05/11 (Mon) 18:55
  • EDIT
霧島

>雑草Z さん、どうもです。

なんと、そうでしたか! 全く知りませんでした。
そういえば、ツェペリンには「ロックン・ロール」という曲がありますね。
そして、彼らのベースに流れているのはブルースだとか。。。。

  • 2020/05/12 (Tue) 07:35
  • EDIT
☘雑草Z☘

>ツェペリン の ”ロックン・ロール”も・・・

ドラムのジョン・ボーナムがリトル・リチャードの 
”Keep a Knockin”のイントロを叩き始めたのにジミー・ページ が即興のリフを付けて作った曲との事です。
だからイントロのドラムはそっくりです。
https://www.youtube.com/watch?v=8gYhESgDQhs
「偉大なリトル・リチャードからの拝借」とか言われてるようです。
率直に言えば パクリですね。(笑)
まあ、ドラムのイントロだけなら許されるでしょう。だけなら・・・

  • 2020/05/12 (Tue) 08:42
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、どうもです。

なるほど、聴けば、聴くほどそっくりですね。
まさにパクリです!(笑)
ツェッペリンの映画「レッドツェッペリン 狂熱のライブ」のDVDを持ってますが、ギャングたちが出て来るオープニングのショートフィルムのあとの、一曲目が「ロックンロール」です。いやー、これは最高にいいですね。

  • 2020/05/12 (Tue) 14:43
  • EDIT
☘雑草Z☘

>レッドツェッペリン 狂熱のライブ

霧島さんも持ってましたかあ!!!これ、最高のライブですよね!
ZEPPELINはスタジオ盤よりライブが遥かにいいべ!
ビデオになる前は上映している映画館(名画座等)を探して数ヶ月に一度は観に行って、全部で20回以上は観たべ。
 私はこの中の Since I've Been Loving You の虜になり、海賊盤の各年代のライブや、他のバンドのカヴァーの音源や映像を集め、更には似ている曲(パクり曲?)まで集めました。
私にとって20世紀最高の名曲です。
まあでも演奏も音もパフォーマンスもこの映画のものが最高だべ!
https://www.youtube.com/watch?v=1gHlbHtdVLU   ←DVDに入っているでしょうけれど
因みにこのYoutube映像の7:50辺りにインド人と思われる美しい女性が映っていて、その後ろの白人女性がうっとりエクスタシーを感じて我に返った後にまたエクスタシーの世界に落ちていく・・場面も最高です。ここだけは編集長や常連の方々にも観て欲しい。

  • 2020/05/12 (Tue) 17:41
  • EDIT
JDA

クリフ・リチャードと混同してました。
クリフは白人でしたね。

  • 2020/05/12 (Tue) 18:00
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、JDAさん

「貴方を愛しつづけて」、ロックンロール、ブラックドックの次の曲ですね。ツェッペリンIIIに入ってますが、オリジナルを遥かに凌駕ますね。素晴らしい曲だと思います。

クリフリチャード、イギリス人ですね。ビートルズが登場する前のイギリスで大人気でした。

  • 2020/05/12 (Tue) 19:37
霧島

間違いました。

貴方愛し続けては、ツェッペリンのブルースロックンのオリジナルでした。

  • 2020/05/12 (Tue) 20:35
☘雑草Z☘

>オリジナルを遥かに凌駕

これは、スタジオ盤のオリジナルをこの映画のライブ盤が遥かに凌駕すると言う意味に捉えたので問題 ありません。
「貴方を愛しつづけて」は別格ですが、それ以外でも
「レッドツェッペリン 狂熱のライブ」の演奏は、全曲スタジオ盤を超えています。ギターソロも遥かに長い(笑)
凄いライヴです。

  • 2020/05/12 (Tue) 20:48
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん

先ほど、狂熱のライブのDVDを久しぶりに観てみましたが、たしかにインド人風のカップルと陶酔している女性が映っていましたね。
オープニングの「ロックンロール」からラストの「胸いっぱいの愛を」まで、最高のライブ映画だと思います。

  • 2020/05/12 (Tue) 21:06
  • EDIT
☘雑草Z☘

通してご覧になられましたかあ!最高ですね!!!

>陶酔している女性
も花を添えていいでしょう?ライヴの凄さが伝わってきます。
ところで「幻惑されて」 はスタジオ盤では6分半ほどですが、このライブでは最長の30分超えです。
初めて映画館で観た時はこの曲の途中で眠ってしまい、起きたらまだ演っていました。(笑)はじめに聴いた時は冗長に感じるこの曲も段々と味が出てきて、「貴方を愛し続けて」に次ぐくらい嵌りました。ZEPPELINのコアなファンはみんな、半音ずつ下がっていく掟破りのリフのこの曲に嵌っているようです。
霧島さんは如何ですか?

  • 2020/05/12 (Tue) 22:12
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、どうもです。

さすがに長すぎますので早送りして見てました。
(笑) 途中、ペイジがバイオリンの弓でギターを弾くシーンが有りますが、このあたりはじっくり見てましたね。弓がボロボロなになるまで弾いたり、たたいたりしてました。まさに「狂熱」! 何回観ても圧巻のパフォーマンスです。
あと、ペイジがロッククライミングをしてましたね! なんと、ギタリストもロッククライミングをするという。。。!(笑)

  • 2020/05/13 (Wed) 08:05
☘雑草Z☘

>ペイジがバイオリンの弓でギターを弾くシーン

これは圧巻ですよねえ!ペイジの独壇場です。
>ペイジがロッククライミングをしてましたね!
アウトドア派の霧島さんは見逃しませんね!ペイジに登山は似合わないですね。それも月夜に普通の格好で崖を登るって・(笑) 映画の中で他のメンバーは私生活を垣間見せてますが、Jimmy だけは私生活を煙に巻いてミステリアスにしたかったのでは無いかと思います。
車で通勤してた頃、職場まで30分ほどでしたが、この"Dazed And Confused" を聴いて行くと曲の終わりの頃に職場に着いてました(笑)

  • 2020/05/13 (Wed) 16:57
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、どうもです。

そうそう、それぞれの幸せそうな家族との生活のシーンがありましたね。

ツェッペリンがライブでカバーしている「のっぽのサリー」をYouTubeで見ました。
いやー、パワフルでワイルドでした。まさにロック・モンスターですね!(笑)

  • 2020/05/13 (Wed) 21:06
  • EDIT
☘雑草Z☘

ZEPPELINにハマり始めた頃

 この重厚感のある独特なツェッペリン臭さに麻薬中毒のように魅せられて ZEPPELIN(Page) が創り上げた音楽って凄いなあ!と感服してました。後にその『麻薬』の正体が 『ブルーズ』だって判りました。『ブルーズ』を創り上げたのは偉大な黒人の先達で、このブルーズを凄くヘヴィーに演奏するアイディアを考え実行したのがツェッペリンでした。

  • 2020/05/13 (Wed) 23:10
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、どうもです。

誰だったか忘れましたが、キッスをこよなく愛するギタリストが言っていました。
バード・ロック(HR)にはブルースの要素、味があり、ブルースの要素、味が全く無いのがヘヴィ・メタル(HM)だそうです。
なるほどなーと思いました。

  • 2020/05/14 (Thu) 15:12
  • EDIT
☘雑草Z☘

>ハード・ロック(HR)にはブルースの要素、味があり、ブルースの要素、味が全く無いのがヘヴィ・メタル(HM)

 一言で上手く区別して言い得てますね!!

同僚が、メイクした姿からでしょうが「キッスはデス・メタルだから聴かない」って言ってたのには呆れました(笑)
キッスは(ブルーズの要素も持った)ロックン・ロール系のHRでしょうね。

  • 2020/05/14 (Thu) 17:09
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、どうもです

その通りだと思います。キッスは、ブルースのテイストのするハード・ロックバンドですね。
まあ、確かにビジュアル系ではありますが。。。。(笑)

  • 2020/05/14 (Thu) 19:28
  • EDIT
☘雑草Z☘

KISSの曲はあまり知りませんが・・・

あのメイクのルックスとは裏腹に割とオーソドックスなロックン・ロールですよね?
『キッスはデス・メタルだから聴かない』
って言う発言は
『サバの味噌煮はアメリカン・ジャンクフードだから食わない』
って言うくらい間違った認識による頓珍漢な発言だと思います(笑)

  • 2020/05/14 (Thu) 23:14
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、どうもです

そうですね、キッスのは、50年代のロックン・ロールとあまり変わらないですね。
いわゆるロックン・ロールを、もっとパワーアップさせたバージョンという感じですかね。

  • 2020/05/15 (Fri) 07:25
  • EDIT
☘雑草Z☘

Anthony's Coffee Break

犬の写真を見ると「ワンワン」と言っていた、言葉を覚える前の幼き日の娘は
雑誌に載っていたキッスの写真のピータークリスを指差すと「ニャーオ」と言ってました(笑)
https://stat.ameba.jp/user_images/20160816/21/doyle2suki/2b/27/j/o0236029513724980894.jpg?caw=800
今改めて見ると、本人もネコをイメージしてメイクしてたんじゃ無いかと思いました。熊とかイタチとか他の動物にも見えますが(笑)

  • 2020/05/15 (Fri) 23:22
  • EDIT
Anthony

雑草Z さん、

ピータークリス

 ニャンニャン==

  • 2020/05/16 (Sat) 00:12
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、Anthonyさん

わたくしの大好きな曲「ベス」は、珍しくピーター・クリスが作曲・ボーカルですね。
いやー、名曲だと思います。

  • 2020/05/16 (Sat) 07:51
  • EDIT
☘雑草Z☘

Re:ピーター・クリス

Anthony編集長 のショート・コメントはネコのメイクだって事でしょうか?
私はイタチの方が近い感じがしますか、キッスにお詳しそうな霧島さんならか知ってそうですね?
他のメンバーのメイクは動物では無く、デビルとか悪魔の感じです。

  • 2020/05/16 (Sat) 09:35
  • EDIT
☘雑草Z☘

霧島さん

「ベス」は、以前テレビか何かで聴いていい曲だった記憶があってYoutubeで観てみましたが、いいですね!
ピーター・クリスの声は、ドラマーと思えないくらいいい声ですね!ハスキーでロッド・スチュワートみたいです。

  • 2020/05/16 (Sat) 09:54
  • EDIT
霧島

>雑草Zさん、どうもです。

ピーター・クリスは、ザ・キャットマンと呼ばれていたらしいです。
キッスのメイク、ペイントは歌舞伎を模したものだそうで、ジーン・シモンズは
大の歌舞伎ファンだったとか。

  • 2020/05/16 (Sat) 18:08
  • EDIT
Anthony

雑草Z さん、

ピーター・クリスについては、ずっと猫メイクだと思っておりました。

 キッスについては、ずっと、良質なポップスだと思って聴いてました。ブロンディみたいな感じで。(笑)

  • 2020/05/16 (Sat) 19:06
  • EDIT
☘雑草Z☘

ピーター・クリスは、今の猫ブームを先取りしてたのですかあ!!(爆)

昔からピーター・クリスだけ、おとぼけのメークをしてると思ってましたよ(爆)
霧島さん、Anthony編集長
>歌舞伎を模したものだそうで、ジーン・シモンズは大の歌舞伎ファンだったとか。
そうでしたかあ!!ジーン・シモンズはデビルマンかと思ってました(笑)

  • 2020/05/16 (Sat) 20:46
  • EDIT