雪だるま (ショート・ストーリー)

久方ぶりにまとまった雪が降った。雪を心待ちにしていた弟は大はしゃぎである。


 とはいっても、たった二十センチなのだが。


 この地方の感覚では一メートル積もってやっと平年並みだ。

「さてと」
 
 弟が妙にウキウキした表情でそう言った。

「どこ行くの?」

「庭で雪だるまでも作るわ」

 弟が照れくさそうに答える。自分でも子供っぽいと認識しているみたいだ。











投稿者:クロノイチ

「外はあんたのダジャレみたいにサムいから、風邪ひかないようにね」

「あいよ」

 しばらくして庭に出てみると、ちゃんと大きな雪だるまができていた。まさかいい年して本当に作るとは。
 
雪だるまの横には、スコップで雪の山を作っている弟がいた。防寒着を重ね着して、着膨れになっている。これぞまさしく 「着だるま」

「そんなに雪をかき集めて何やってるのよ」

 あたしが尋ねると弟は!無邪気な笑顏を浮かべて言った。

「かまくらを作るんだ」

「あんた、これっぽっちの雪じゃかまくらなんて無理じゃない?」

「庭じゅうの雪を集めたら作れるんじゃないかな」

「そう? じゃ、せいぜい頑張って。もし出来たら呼んでね」

「うっす」

 約二時間後。弟があたしを呼ぶので、庭に出てみる。

 いざかまくら。 なんちゃって。 
 
 おお、なんかかまくらっぽいものが出来てる。でも、全体的にかなり黒っぽい。雪をかき集める時に、地面の土も大量に混ざったのだろう。

 あれ、庭の端っこに、まだ白い雪が結構残ってるじゃない。ここまで運んでくるのが面倒だったってことか。結構な労力使ってるんだから、もうひと手間掛けて、完璧に仕上げれば良かったのに。 ホント なまくら ね。

 かまくらの内側を覗いてみる。やはり黒っぽくて汚らしい。これじゃあ、中に入ってミカンを食べようって気にはなれないな。
 普通、かまくらの中って、雪が白く光って明るいもんじゃない?

 なのにこれは、中真っ暗(なかまっくら)。

関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments