一生のお願い (ショート・ストーリー)

いきなり、弟が土下座してきて言った。


「頼む、姉ちゃん。一生のお願いだから」

 
 またか、と思う。あたしの身の回りには、このフレーズを使う者がやたらと多い。弟もその一人である。
 
 しかも、頼みごとがあるたびに口癖のようにそれを発するのだ。うっとうしいことこの上ない。

 そもそも 「一生のお願い」 とは何なのか。

 よく考えると日本語になっていないと思う。












投稿者:クロノイチ


あたしは 「一生に一度きりの大切なお願い」 と勝手に補完して考えていたが、言っている当人はどう思っているのか、ぜひ見解を聞きたいものである。一般的には 「一生恩に着るから(忘れないとは言ってない)、お願い」 ってくらいのニュアンスかな。

 ちなみに弟は一応、「一生に一度のお願い」 という意味で使っているようだ。
 
 では、どうしてそれを連発できるのだろうか。単に恥知らずだからか? それともニワトリ並に忘れっぽいからか?

 なんのことはない。つまりはこういうことだ。

「あんた、ついこないだ 『一生のお願い』 を聞いてあげたばかりでしょ!」

「それがな、あの時の俺はついさっきポックリ死んだんだ。そしてたった今、神の願いを受けて新たに生まれ変わった。外見上の違いは全くないから、姉ちゃんが気付かなかったのも無理はないがな。── うわははははは。何はともあれそういうわけで、俺はもう一度だけ 『一生のお願い』 を使うことができる!」

 要するにガキなのである。 まあ、ガキだからこそ、ついつい許してしまうというところもあるのだが。

「認めないわよ。こないだのと、まんま同じ理屈じゃない。芸なさすぎ。それじゃあ、お願いなんて聞いてあげられないわ」

「ええー、そんなこと言わないで頼むよ。本当に一生のお願いなんだ。ねえ、これからはもう、一生生まれ変わらないからさ」
 
 おい。 「一生生まれ変わらない」 って何だよ。

 ちょっと面白かったので、どんなお願いか聞くだけ聞いてあげることにした。

「それはそうと、お願いって何よ」

「ぞうきんを縫ってほしいんだ」

「は? それって毎年学校に提出してるやつ? そんなの買い置きがあるでしょ」

 ゾウキンごとき、わざわざタオルを犠牲にして縫うまでもない。 以前、十枚四百円で買ってきたやつが、物置のロッカーの中に残ってるはずだ。

「いやあ、俺としては、ぞうきん一つとってみても、決して手を抜くことなく、常にウケを狙い続けたいわけよ。で、手先の器用な姉ちゃんを見込んで、こうしてお願いしてるわけ」

「ゾウキンでどうやってウケを狙えるっていうのよ」

「変わった形のぞうきんを考えてる」

「具体的に言いなさいよ。変わった形のゾウキンなんて使いにくいだけでしょ」

「そこはインパクト重視ってことで。── 実は象の形にしてほしいんだ」

「え、象? エレファント?」

「そう。── ぞうさん の ぞうきん


 こいつの 「一生」 がやたらと軽い理由がわかった。 きっと人生を舐めているからだ。 

「バーカ。あんたのたわ言にゃ付き合ってられないわ」
 
 そう言ってあたしは 弟の 「一生のお願い」 を、イッショウ に付したのだった。



関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments