コウジョウの月 (ショート・ストーリー)

弟がなぜか不貞腐れていた。


「明日から、『学力向上がんばろう月間』だとよ」

 
  ああ、それで気分が滅入っているのか。

「この機会にせいぜい頑張ることね」

「そりゃ、まあ、課題をやらなきゃ家に帰さないってんだから、やるけどさ」

 何やら含みのある物言いである。














投稿者:クロノイチ

「あんた、 どうしたの? さっきから変よ」

「いや、な、『学力向上がんばろう月間』なんだけどな、担任の大沢がさ、勝手に略称を付けやがったんだよ」

「略称?」

「ああ。 『向上の月』 ってな。スゲーうまいだろ。俺のお株を奪いやがった。 許せねえ」

「ふうん」

 全くもってどうでもよかった。
   

 しばらくして弟があたしの部屋に来た。どうも 「向上の月」 には宿題も高度化するらしい。自力で解けない問題をあたしに解いてもらいたくて来たようだ。

「自分で解かないと、実力は付かないわよ」

「本気でしばらく頑張ったら解けると思うんだけどさ、頑張りが利かないんだよな。ほら、ちょっとやってみて糸口が見つからないと、だんだんとやる気が失せてくるわけよ。で、やる気が減るから、ますます解けなくなる。解けないからさらにやる気がなくなっちまう。まさにマイナスのスパイラル。この負のスパイラルを略して『マイナスパイラル』とでも呼ぼうか」

 あの、「マイナスパイラル」で一文字省略するより、「負のスパイラル」の方がさらに一文字少ないんですけど。この略称、 シッパイラル だわ。

「ま、何はともあれ、解いてみてよ」

「いいわよ」

 ふふ、この程度の数学の問題など朝飯前だわ。
 
 受験生の頃は、こんな問題、一瞬見ただけで、ピカッと答えが閃いたもんよ。

「あれ?」

 …………。 昔の光、今いずこ。

関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments