念仏 省略考  2 

「南無阿弥陀仏」 を 「なんまいだ」 とか 「なまんだぶ」 とか、勝手に省略して問題ないのかどうか、近所の若い坊さんに聞いてみた。


 うちの田舎では通称 「若様」 である。


 絶対に名前負けしている。

 
 インドの発音から 「南無阿弥陀仏」 と中国語の発音になったところで、既にオリジナルの発音にこだわる意味はないでしょう、とのことだ。

 信心さえあれば、読み方はどうであっても仏様に伝わるということらしい。

 いや、その肝心の信心というものがまるっきりわからないのだが。

 取り敢えず信心があるということにしておけば、称えやすい念仏に変更しても大丈夫ということか。

 まあ、その辺を突っ込んで聞くと、墓穴を掘りそうだったので棚に上げておく。

 
 南無阿弥陀仏を 「なんだ」 と称えてもいいかと訊ねると、既に本山かどこかで使われていると言われた。(ちょっとうろ覚え)

 「なんだなんだなんだ……」と何回も称えるらしい。

 ── なんだ、そう なんだ












投稿者:クロノイチ

[編集長-ひとりごと]

 僕が子供の頃には 「なむなむ」 と省略していましたが、近所の子供は 「あん」 でした。

 「まんまんちゃん、あん」というフレーズは関西では有名。

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

2 Comments

J.D.A

僕の実家も浄土真宗大谷派ですが、「なあむ」と省略しますね。
連続形では「なあむなーむなーむなーん」です。(笑)

  • 2019/08/30 (Fri) 18:46
名乗るほどの者では

省略形

うちはなまんだぶですが、近所に「なんなんなんなん」という人がいます。人それぞれですね。

  • 2019/08/31 (Sat) 19:23