舞台・羅生門 (ショート・ストーリー)

※時代考証は全くしていません。


 新劇 「舞台・羅生門」 は初日から閑古鳥が啼く惨憺たる有り様だった。


 最終日、舞台を見に来ていた原作者に新聞記者がインタビューを試みる。


「芥川龍之介さんですね。取材させていただいていいですか?」

「いいですよ。まあ、舞台はこんな体たらくですが、僕は原作を提供しただけですからね。責任は一切私にはありません。ですから遠慮せず何なりと訊いてください」












投稿者:クロノイチ

「ということは、原作に問題は全くなかったと」

「当然です。原作はいいんですよ。間違いなく芥川賞が取れます。ただ、出来上がった舞台の完成度が異様に低かった。それだけです」

「具体的に何が問題でしたか? 脚本ですか? 演出ですか? 俳優ですか?」

「俳優だね」
 
 芥川は右の拳を握り締めて力説した。


「アクターが悪ぅ のすけ !」


 「……」

 
数日後、大文豪の訃報が流れた。

関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments