葡萄酒 (詩)

葡萄の木の下で
"葡萄の木の下で" illustration by Asagimadara



今年も実った

わたしの葡萄


ひとつひとつが時の思い出

甘い香りをとき放って

夢見ごこちで

この手を伸ばす


小さい頃は何も知らずに

色付き始めた頃の葡萄を食べた

酸っぱさに顔をしかめた


篭いっぱい

胸いっぱいに葡萄を摘んで

かあさんの元へ走る


葡萄は瓶に詰められ

やがてわたしは大人になった


恋をして

あなたの唇に触れるまで

含まれるまで


葡萄酒になるなんて

知らなかったわ












投稿者:浅葱斑

(初出:2007/10/11)

関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

6 Comments

山口ジジイ

彼と恋をするまで、葡萄酒を知らず育ったということなのでしょうか
文才がないので、どうもわかりませぬ

  • 2015/10/28 (Wed) 22:45
Anthony

山口ジジイ さん、


 口移しでワインを飲ませられるって、エエ感じです。。。

  • 2015/10/29 (Thu) 11:58
山口ジジイ

口うつしというのは、たまりま千円w

  • 2015/10/31 (Sat) 23:27
Anthony

山口ジジイ さん、

 その昔、映画『ナイン・ハーフ』で主演のミッキー・ロークが女性に口移しで生卵をニュルリンと飲ませるっていうシーンが印象的でした。

  • 2015/11/01 (Sun) 00:30
山口ジジイ

ああ、ありましたね生卵
キムベーシンガーでしたっけ
そういえば、故伊丹十三の映画たんぽぽにも、黄身だけを口うつししてたシーンがあったような気がします
そんな役所こうじも、大物になりました

  • 2015/11/01 (Sun) 23:36
Anthony

山口ジジイ さん、


 そう、キム・ベイシンガーと9日半を過ごすってやつですよ。

 やっぱり、口移しってのは、エロいっす!!

  • 2015/11/02 (Mon) 01:32