波 (詩)

あなたのこころがとんでいく

砂粒はまだカドがあるけど 

柔らかな羽毛に包まれている


泡になり 波にもまれ

今日は 何枚目の波だろう


何枚の波が来れば 

地になるのだろう

花の咲く地になるのだろう


もっと もっと 

笑いたかったね


ずっと ずっと 

辛かったろうね












投稿者:浅葱斑

(初出:2013/10/11)

関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

3 Comments

J.D.A

Naoさんの訃報があってから10日後に、この詩が発表されたようですね。
「あなたのこころがとんでいく」は、Naoさんの魂を表現しているように思えます。

  • 2015/10/10 (Sat) 15:17
山口ジジイ

JDAさんの解説を読み
なるほどと思いました
ありがとうございます

  • 2015/10/11 (Sun) 10:37
Anthony

J.D.A さん、 山口ジジイ さん、

 日付けから推測すると、Naoさんの魂についての詩でしょうね。

 浅葱斑とNaoさんは、メールや文通で交流されていたようなので、会う前に亡くなったということに対しての特別な思いもあったと思います。

  • 2015/10/13 (Tue) 02:03