夏の夜空 (詩)

夏の夜空は

滲んでいる


月はとぼけて

そっぽを向く


白鳥だけが

知らんぷりを装い

見当違いの方向へ去っていく












投稿者:縞猫

(初出:2007/08/03)

関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

1 Comments

雑草Z

見付けました!!!縞猫さんの詩

 不思議な感覚だけど、面白い・・
掲載当時は見逃した詩だったけれど、
あの詩の後に読むと、素敵な詩に感じる。

  • 2015/10/20 (Tue) 23:53
  • EDIT