月見 (短歌)

孤高とは 愉しきものよ 今宵また
   
目刺し買い来て 月と対酌


兄もまた 浮きつ沈みつ 時を過ぐ
   
定めか 月よ その細き弦


すべて善し 満つも欠けるも あるがまま
   
今宵も共に 酔うて語らん


月満ちて 喜怒哀楽も すべからく
   
打ち捨てて飲む 冷や酒旨し


濡れ縁に 映る月影 静かなリ
   
台風一過 しみじみと飲む











投稿者: 英泉

(初出:2005/09/06)



関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments