梅雨の後 (詩)

細かい傷や

大きな傷も

時間と共に薄くなる


目に見えるものに

たとえれば 

手のひらの皺


雨よ

ずぶ濡れになろうとも

洗い流しておくれ


やがて いつかは 

やってくる

まばゆい夏のひかりのもと


開くことが出来る

この心を 


さらして













投稿者:香蓮

(初出:2007/07/22)

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments