さよならの準備 (詩)

もう 君への思いを

持ちこたえることが

出来そうにもないよ


僕の胸にに浮かぶ

小さな船は

君を乗せるには

もう 重すぎるのさ


だから

少しずつ 君を下ろす準備を

しているんだ


そう 過ぎ行く日々と共に







 *年齢を重ねた時の恋は、随分と心に負担がかかりますね(笑)













投稿者:香蓮

(初出:2007/07/23)

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

4 Comments

雑草Z

今度は男の立場での詩

 香蓮さんのような重い情念を持った女性を乗せる事が出来なくなった男の歌と言うのが面白い。

 自己否定?それとも衒い?
 ・・・てか、そもそも香蓮さんは女?・・・だよね??

  • 2015/09/09 (Wed) 23:48
  • EDIT
Anthony

雑草Z さん、


 今となっては、香蓮さんの性別を確認する術もありませんが、

 香蓮さんの作品を通して、それを考えるのも楽しいかもです。

  • 2015/09/10 (Thu) 02:11
雑草Z

普通に考えて・・・

香蓮さんは女だろうと想像するけれど、
実は男だったら怖いと言うかヤバいと言うか・・・。

  • 2015/09/10 (Thu) 22:04
  • EDIT
Anthony

雑草Z さん、


 まぁ、女心に妙に精通しているオッサンも存在していることもありますし、、、(笑)

  • 2015/09/11 (Fri) 18:01