僕のそばで (詩)

そうやって いつも君は

心のなかに鍵をかけたまま
 
「私さえ我慢すればいいの」 と

口にする


そんなことを 思ったって

幸せなんかには なれやしないよ


どんなに全能な神様だって

手を貸すことは出来ないさ


だからね

ゆっくりでいいんだ

ありのままの君を

君自身の手で探すことさ


君がいつか

微笑むことができたとしたら


きっと

世界中の神様が集まって

君に手を貸してくれるはずだよ


僕は ただ

いつも君のそばにいて

君を見ている

それしかないのだから













投稿者:香蓮

(初出:2007/07/13)

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments