五月人形 兜 (詩)

五月人形 兜
Photo by Asagimadara



甘い小豆が白い餅にくるまれて

手のひらよりも大きな葉に包まれている


ひとつ食べて こころ満たされ

ふたつ食べて 笑顔が弾けて

兜を飾る季節到来


弓があり 矢が立って

強くなれと願いをこめる


照れくさくて

もう要らないよと呟く君の背丈よ


さらに大きく逞しくなれと

祝い事をする親の願い


出し入れをする腕が震える

毎年の願いは変わることなく

どこまでも続く親こころ











投稿者: 浅葱斑

(初出:2013/05/08)

関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments