パンジー (詩)

すみれ
Photo by Asagimadara



黙って見ていると

何かに似ている

しばらく考えこんだけど

よくわからなくて

春風がさやさやと通りすぎた


知人の犬に似てる

そう思いついたら

無性に笑えて
白や黄色や

紫のすみれが愛しくなった


毎朝 見つめるのが楽しくなり

垂れ目がちのその横顔に

春が来たのだと

嬉しさにこころ踊る












投稿者: 浅葱斑

(初出:2013/05/05)

関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments