こぶしが咲いた (詩)

暖かくなった

昨日までつぼみだったこぶしが咲いた


梅が咲いた

でもこぶしも咲いた

ボコッ ボコッ て感じで


小さくて情緒な梅の横でこぶしが咲いた

ボコッ ボコッ


音が聞こえる気がしてならないコブシの花

ボコッ ボコッ











投稿者:Nao

(初出:2008/03/19)

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

3 Comments

雑草Z

タイトルも中味も・・・

浅葱斑さんの詩かと思いました。
何となく前の『ぴちょ~~・0・~~ん 』と連作のイメージです。

>ボコッ ボコッ
>音が聞こえる気がしてならないコブシの花
>ボコッ ボコッ

っていい感じです。


・・ちょっとずれるけど、太った人がゆっくり腕を振りながら歩いていると、

ノッシ、ノッシ
と音が聞こえる気がしてならない
ノッシ、ノッシ

  • 2015/04/27 (Mon) 10:54
  • EDIT
Anthony

一時期、Naoさんは童話作家を志していたこともあって、こういう感じの詩や童話を作って出版社に送っていたみたいなのですが、採用されずじまいでした。

 でも、僕はNaoさんの作る詩が大好きです。

  • 2015/04/28 (Tue) 00:32
雑草Z

童話

 なるほど!確かに今までここに載ったNaoさんの詩の中には
メルヘンチックなものが沢山ありますね。
あれも、それも・・・
その内容を膨らませて童話にすれば、面白くて嵌りそうな作品もありますね。

  • 2015/04/29 (Wed) 00:34
  • EDIT