まる (詩)

ミカンと刺繍
Photo & stitch by Asagimadara



まるって いいね

尖ったこころは 星の形

時を経て 角がなくなる


切り出されて生まれた小さな石

流されて 傷を負う

転がって 転がって

周りを傷つけ 自ら打たれ大海へ出る


砂粒が敷き詰められた浜に出るころ

剥がれ落ちて 丸くなる


歩いてみると 音がする

まるは 角のない音になる


まるっていいね

重なるようで 重ならず

受ける光は 皆平等で

色濃く出された影は ささやか


ひとつ置いて

ふたつ寄り添い

いくつか並べて

ほっこりしたまるい形に 安心がある

星はそうして まるくなる


わたしもいつかまるくなる

ぶつかっても笑える まるになりたい











投稿者: 浅葱斑

(初出:2013/03/27 )

関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments