クロッカスの手のひら (詩)

クロッカスの手のひら
Photo by Asagimadara



春をまちわびるように

わたしが植えたちいさな球根


土の中でまるくなり

氷の水を吸い込んで

新春が来ると膨らみはじめる


雪を踏む

足音しか聞こえない


落ちてくる痛みしか今はないけど

必ず目を出すのは 希望


東北は雪の真ん中


いちばん初めに顔を出すのはクロッカス

潤った地面から希望を持って花を咲かせる











投稿者: 浅葱斑

(初出:2011/01/10 )

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments