仄かなシクラメン (詩)

仄かなシクラメン
Photo by Asagimadara



モノトーンの季節到来


ここはただ土の黒さと雪の白さと

足早にすぎる人の群れ


夜になると街は色とりどりに輝くけど

物悲しさがこころを貫く


それでも

あなただけはわかるんだよ


王冠をかぶったように

星が降ったようにそこにいるのだ










投稿者: 浅葱斑

(初出:2011/12/21 )

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments