柱 (詩)

柱_樹木
Photo by Asagimadara


1本の微動だにしない柱

竹串のような折れそうな柱

不動なものに変えていく


春の庭に咲いた3段の薔薇

出来上がったわたしの階段


涙と傷ついたものから出来上がった

雨漏りもしない堂

支えるのは 柱


時の流れの中に立ち

風車と太陽に晒され

雪に祈るのは削られていく石段


幾人もの足を止め

振り返って己をみたのか


時がわたしと一緖になるとき

わたしは

わたしのために今を生きる









投稿者: 浅葱斑

(初出:2011/12/11 )

関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

2 Comments

山口ジジイ

最近、山本政志監督の、水の声を聞くという映画を見まして
樹木に対する神秘性を感じました

  • 2015/02/05 (Thu) 00:01
Anthony

山口ジジイ さん、

 山本政志監督といえば、『ロビンソンの庭』でも廃墟が緑に覆われていましたね。

 

  • 2015/02/05 (Thu) 16:03