わき見   身を滅ぼす・・・

古き良き時代の(笑) わき見



「わき(脇)見」


 他の物事に気をとられて、本来見るべきものとは違う方に目をやること。




僕は今まで多くの 「わき見」 を、してきました。

 
 その度に多数の大失敗を繰り返してきました。

 女、仕事、遊び、行事、友人、時間管理...

 結局は身体はひとつなんで無理したら最後は何もできず、大変なことになってしまいました。(泣)


 読者の皆さんも、そんな経験はありませんか?












投稿者: Tanoken

[編集長-ひとこと]

 Tanokenさんが、わき見の例を出してくれたのは、古き良き時代のモノクロの喜劇映画の一コマだと思うけれど、微笑ましいものだ。

 が、実際には、隣の家の芝生は青い((笑)敵に、嫁さん以外の女性に行ってしまったり、二兎を得られなかったり(泣)と、Tanokenさんのように散々な目に合うことは必至である。

 という、僕には痛いほどmそれがわかります。いや、わかり過ぎております。反省しております。もう、しません。。。


 で、「わき見で失敗」 というのが、つい最近ありました。

 商店街を自転車で走行していた時、並走していた見知らぬ若い女性の脇が、脇が、脇が、って、腋臭(わきが)じゃないよ。

 Tシャツの脇の部分が破れていて、脇の部分が丸見えだったのだ。

 本人は、そんなことには気が付いておらず、笑顔で走っていたのだが、その脇の部分には処理をし忘れている(いや、趣味で生やして、伸ばしているかもしれないけれど...笑)、腋毛がチラホラ。

 それが、なんともエロティックで、僕の心はそこにっ釘づけ、目も釘づけになってしまった。


 これが、本当の 「脇見」 なわけだが、そんなことを考える余裕もなく、商店街の中央に設置している「ポイント・カード 本日3倍DAY」 の看板に僕は激突してしまったのである。

 幸いたいした怪我もなく、オネェさんにの脇には毛があり、ええっと、痛かったです。。。


関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

8 Comments

be-free

大事に至らないまでもヒヤッとする事は多々ありました

  • 2012/05/19 (Sat) 23:31
おケイはん

編集長が、おなごの脇毛に見とれて、看板に激突?
あきまへんなぁ~

  • 2012/05/19 (Sat) 23:47
山口ジジイ

脇の方が、面白かったりして、
そんな場合も多いですよね

  • 2012/05/19 (Sat) 23:57
宮崎の勤

編集長って、わきフェチorわき毛フェチか??

  • 2012/05/20 (Sun) 01:54
tanoken

編集長、素敵なコメントを有難うございます
いい教訓になりました
今後、気を付けます<(_ _)>

  • 2012/05/20 (Sun) 11:28
JDA

Naoさんは、足(と足の裏)フェチだったけれど、編集長は、わきフェチですか?
ところで、Naoさんの記事がぜんぜん掲載されませんね。
また、病状が悪くなってるんでしょうか?

  • 2012/05/21 (Mon) 17:19
Anthony

僕は、腋フェチじゃやなくて、「膝の裏の窪み」フェチです!(笑)


Naoさんは、鬱の方は改善されてきたのですが、また違う病状でして、記事が書けない状態です。

Naoさんの記事のストックが1本だけ、残っているので、近日中に掲載します。

  • 2012/05/23 (Wed) 01:52
tanoken

これは白黒画像の「おもしろ女難画像」を集めたので結構苦労しました
みんなに喜んでもらえてよかったです
何より作品がボツにならなくてよかったです<(_ _)>

  • 2012/05/23 (Wed) 19:33