スポーツは最後まで頑張れ!

122対0の野球の試合




負けていても、あきらめるな!

 
 もしかしたら、奇跡が起こるかもしれない!

 勝っているチームも決して油断はするな。










投稿者: Tanoken 

[編集長-ひとこと]

 これは、7回でコールド・ゲームになった青森の高校球児の対決(1998年夏)ですな。

 
 勝者 東奥義塾高校は打者116、安打86、四死球33、盗塁76の猛攻。

 敗者 県立深浦高校は打者20、三振16、安打0。部員10人で、そのうち野球経験者はわずか4人だったとか。


 試合時間3時間47分、122対0。

 死力を尽くして強豪校に立ち向かっていった結果ですが、その姿勢はアッパレでした。



amazon 「122対0の青春 深浦高校野球部 物語」




関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

1 Comments

be-free

5回コールドにならなかったんですね…

  • 2011/10/20 (Thu) 21:51