森吉山  1 (秋田県 北秋田市)

 森吉山(1456メートル)に登ってきました。周辺には1000メートル前後の山々が連なり、山麓には広大なブナ林が広がり、秘境ムードが漂う山域でした。

 
 春から秋にかけては、300種類もの高山植物が咲き誇る 『花の百名山』 でもある。

 また、マタギ の聖地としても知られ、南麓の旧阿仁町(あにまち)にはマタギの集落が点在している。   
 天候にも恵まれて、最高のトレッキングができました。でも、仙台からは、かなり遠かった。登山口に着くまで、4時間40分もかかってしまいました。やれやれ。(笑)





登山口のコメツガ山荘

登山口のコメツガ山荘


 旧森吉町の様田コースから登ってきました。ここは、森吉スキー場がある場所です。

 
 山荘の裏のほうが登山道になっていて、スキー場に沿った登山道、スキー場のゲレンデを登ると、一ノ腰山(1265メートル)に続く尾根にでます。

 コメツガ やブナの林の中を進む快適な登山道でした。





一ノ腰山を振り返り見る

一ノ腰山を振り返り見る


 ブナの原生林の中を登って行くと突然視界が開け、一ノ腰山の山頂に着く。

 
 さえぎる物が何もない展望が広がる。

 ここから一気に下ってから、森吉山への緩やかな登りへと続いていく。 

 スケールはかなり小さいですが、ちようど、大朝日岳の古寺山への登りと下りに似ていました。





一ノ腰山付近から望む森吉山

一ノ腰山付近から望む森吉山


 森吉山は非常に登りやすい山でした。


 登山道も完璧に整備されているし、タフな急斜面の登りもほとんどありません。

 初心者、高齢者でも安心して登ることができます。

 なだらかで優雅なスロープと森の深さが魅力の山でした。(ちょっと歯ごたえが無かったですが。。。)  





森吉神社の避難小屋

森吉神社の避難小屋


 坂上田村麻呂 が建立したとされる神社である。


 なんと、ここにも、福島の阿武隈高地 大滝根山に伝わるのと同じ伝説があったのです。

 森吉山に住んでいたエミシの豪族 大滝丸を坂上田村麻呂が滅ぼして建てた神社だという。。。。


 やれやれ、東北にはいたるところに田村麻呂伝説があるなー。(笑) 








投稿者: 霧島


関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

1 Comments

霧島

旧森吉町は、山の中の小さな町で、なにもないところだ。

でも、この辺一帯は、県立公園になっていて、
森吉山、小又峡、太平湖など俗化されてない観光資源が多いな。

以前、ここで話題になった「桃洞滝(女滝)」は小又峡の上流にあるべ。

http://www.city.kitaakita.akita.jp/kankou/joy/nature/toudou.html

  • 2011/10/05 (Wed) 21:16
  • EDIT