ぐっちゃん(萩原慎)は、作詞もできるのだ

【初音ミク】ソーダガラスの恋人~少女の歌~【オリジナル曲】 (YouTube 動画

(時間帯や接続状況により動画が視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)


 『ソーダガラスの恋人』 劇中歌  『少女の歌』






【鏡音レン】花を愛でる乙女達よ【オリジナル曲】 (YouTube 動画)

(時間帯や接続状況により動画が視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)


 『花を愛でる乙女たちよ』





もう10年以上前の作品ですが・・・

 
 どちらも作曲は「銀ちゃん」こと夢幻Pです。
 
 台本(戯曲なんてエエもんじゃない)だけじゃないんだよ。 恥だけじゃないんだよ。カクのは。








投稿者: ぐっちゃん(萩原慎)

[編集長-回想]

 ぐっちゃんが脚本を書いて出演した演劇作品 『ソーダガラスの恋人』(リメイク) を6年前に観に行きましたがエエ芝居でした。

 → 「ぐっちゃんの芝居」(Anthony's KITCHEN 2005/5/15)

 
 なんか、とても不思議な空間で、懐かしい気持ちよりも日常をリセットできたような感覚が残っています。

 その中で使われた曲ですが、とてもやさしい感じのする不思議なメロディです。

 って、詩はどうなのよ?って、それが・・・

 劇中で歌われていた大阪弁の合唱曲 『チコタン』 の 「♪ほっといてんか ほっといてんか あほたれ あほたれ 父さんのあほたれ なんで魚屋なんかしたんや」 のほうが強烈に印象が残ってしまって、ぐっちゃんの曲のほうの印象が薄れてしまいまして...ぐっちゃん、ゴメン。


関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

3 Comments

ぐっちゃん

実は

再々演の話もあるのです。全面改訂やな

  • 2011/08/26 (Fri) 21:16
シャア

本当にきれいなメロディだ。

  • 2011/08/26 (Fri) 22:28
Anthony

もう一度、見たいなぁ~。あの芝居。


  • 2011/08/27 (Sat) 14:35