美山町  2 (京都府 南丹市)

 こーんにーちはー。naoオッchanでーす。本格的に ♪夏が過ぎ風あざみ。誰の黄昏にさまよう♪ が、似合う季節がやってまいりました。
 

 そんな少年時代に戻りに、先週に続いて今週も、京都府は美山町へと、「強引にmy way」の始まりぃー!





茅葺き屋根の民家
茅葺き屋根の民家

 
 「美山町自然文化村」 さんから今宵のお宿を探して、やって来ました「北」集落。
 
 こちら、北地区(かやぶきの里・北村)では50戸の民家の内、38戸が茅葺き屋根の建物であり、この中に今宵のお宿の、民宿 「またべ」 さんはあるはずなんだけど、、、

 解らない、解らない、ワカラナイ。

 
 全て同じ形の家だから、わからない。





民宿「またべ」 の看板
民宿 「またべ」 の看板


 それならば一軒ずつ探して行きましょう。

 野菜畑の合間を縫って、おっと見つけた 「またべ」 さん。

 今夜はどうも、お世話になります。

 
 しかし、いい感じだなぁ。まさか 「日本昔話」 のお宿に泊まれるなんて。
 
 これって一生の思い出になるのでは?






「トトロの森」 を彷彿させる鎌倉神社  稲荷神社とトチの木
「トトロの森」 を彷彿させる鎌倉神社          稲荷神社とトチの木


 チェック・インを済ませたら、今回は小2の姪と早速散歩。村の神様にご挨拶しないと。

 
 まずは村の東側の 「鎌倉神社」 へと。

 石畳の階段を登って神様にご挨拶。今夜はどうも、お世話になります。こちらの神社は味がある。まさしく「トトロの森」を彷彿させる。


 続いて村の西側の 「稲荷神社」 へと参りましょう。

 こちらの神社は村の神木、樹高25mの 「トチの木」 が鎮座されているのであります。

 『番長惑星』 さながら足をすべらせたら、パラレル・ワールドにスリップするので要注意。


 さらに散歩を続けると何やら音楽が聞こえる。

 一軒の民家にお邪魔すると、若いカップルさんがチェンバロの連弾で、スメタナ の 『モルダウ』 を弾いておられる。

 夕暮れの茅葺き集落で、こんなロケーションに出会えるなんて、今日naoオッchanは何かいい事でもしたのかな?





民宿 「またべ」 の囲炉裏
民宿 「またべ」 の囲炉


 お風呂を頂いてサッパリしたら、村内のお母様方が、力を合わせて料理して頂いた、お楽しみの夕食へ。

 今、採ったばかりの新鮮野菜の田楽に天ぷら、メインの地鶏すき焼きにはズリやキモなども入ってまして新鮮そのもの。

 これだけ食べて一泊8000円は安くてゴメンネ。これだけ揃えば酒飲み大会。食べまくりーの飲みまくりーの最高の宴でした。
 

 食後には当然、花火。村内は火災防止の為、火気厳禁。道向こうの橋の上で夏の終わりを楽しみました。

 んー、最高!


(写真の囲炉裏は火力が低く、お鍋は無理との事。冬場に暖をとるのがお勧めです。)






朝日に照らされる茅葺き屋根の集落 無添加の野生鹿ソーセージ
朝日に照らされる茅葺き屋根の集落         無添加の野生鹿ソーセージ

 
 朝は六時に起床して、一人で散歩。


 朝日を浴びつつ茅葺き集落を散歩なんて、コレって最高の贅沢かも。

 ゲラ(キツツキ)のドラミングが耳に心地よい。赤、青、黄色の衣装を付けた、珍しいトンボにチョウチョに ミクロイドS などの虫さん達も、ドラムに合わせて踊り出しそう。
 

 すっかりお腹がすいたので、急いで帰宅。

 この頃には民宿がすっかり自宅の気分になっている。ここは強引に縁側から部屋へと這上がる。

 今日の運転は相方なので、朝からビアをプシュっとしながらもご飯を二杯頂きました。
 
 
 それではいよいよ、出発の時間。

 「またべ」の皆さんがお見送りしてくれる。

 そりゃぁさぁ、naoオッchanだってお見送りは何度もしたよ。明日から仕事だって事も解ってる。

 
 でも、、、でもさ、、、。「帰りたくないよぉー!」


 泣き言を言っとらんでさっさと帰る!

 


 → かやぶきの里・北村(有限会社かやぶきの里) HP





 お土産買わないと。


 美山町のお土産ならこちらにお任せ下さい。

 製造、販売まですべて自家製の 「美山おもしろ農民倶楽部」 さんです。

 
 何といっても無添加のベーコンやソーセージが素晴らしい。

 町をあげて、「浄水」 と 「無添加」 を目指す町、美山町。

 こちらの町は、まさしく時代のトレンドなのであります。



美山おもしろ農民倶楽部 HP




 
 今回、ご紹介させて頂いた他にも、美山町にはハーブ園ありバラ園あり魚釣りスポットありと、見どころ満載であります。


 さて、naoオッchan一行は帰り道を間違えたおかげで、兵庫県は篠山市で 「草山温泉」 なる、スペシャル・マニアックな温泉を発見いたしました。

 詳しくは 、後日、このカテゴリ-で 掲載します。

 
 それでは、皆さま、食欲の秋がやってまいります。

 美味しい食べ物、味わってきてねー。バイバーイ!chu!









投稿者: Nao


関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

1 Comments

Anthony

旧ブログでの初回掲載時には、こんなコメントをいただいておりました。


JDA 2006/9/7 3:25

 「番長惑星」って石森章太郎先生のマイナーな漫画じゃないか。

 って、「ミクロイドS」も手塚治虫先生の漫画だ。こっちは、ややメジャーか。


フルハラ 2006/9/7 14:06

 直ちゃんは,私と同じ名前だから幼なじみと親密な少年時代を送ったかもしれませんが,2番目,3番目の女の子とも,一生連絡とれるようチャンネル残しましょう.そうすれば大人になって民宿が生きている.そうしないと厄年42歳あたりでショック受けます


とく 2006/9/7 19:38

 おっフルハラ御大きてますね。

 古民家って見る分にはいいんですがかゆいですよね。

 火をたかないとだめですが、こんどはけむい。

 でも時々いきたくなるんですねえ、これが。


山口ジジイ 2006/9/8 2:17

 うーーん、いいなあ。

 「naoさん、いい感じよ。」


赤城 の姉 2006/9/8 16:40

 Naoさん、とっても、いい感じよ!


nao 2006/9/9 6:02

 いい感じかい?それならもっとしてあげる。

 
 番長惑星、文庫で再発してます。

 
 古民家はいいなあ。やはり涼しい。

 
 フルハラさん、何故、僕の本名を?


TANOKEN 2006/9/9 12:14

 周山街道を上がった有名なキャンプ場だね

 僕も一度は行ってみたいと思っていた所です

 楽しい時間は直ぐに過ぎるもんな~


nao 2006/9/9 19:29

 本当にあっという間でした。一度おいで下さい。


農民 2006/9/10 7:33

 こちらでははじめまして!

 古民家っていいですね~。北海道にはなかなか無い風景ですね。

 北海道のロッジ風の山小屋なんかもいいですけど、一度こういう歴史のあるお宿に泊まりたいものです。


TAKA_1 2006/9/14 20:00

 機会あれば、こういった歴史ある宿に泊まってみたいですね。

 あ、それと観音湯・・・さほどマニアックでもないように思えますが(^^;。

  • 2011/08/10 (Wed) 18:57