拝啓、先生

先日、テレビ番組で少年少女の性病について語っていたが、最近は性感染症と呼ぶらしい。


 何だか柔らかいニュアンスでごまかしているように思えるが、性病については本当に恐ろしい病気なのだと、学校で徹底的に教えるべきだと思う。

 僕が中学生の頃は、梅毒にかかると鼻がモゲると教えられた。

 鼻がモゲる、、、、、。

 そんなリスクを犯してまで、誰がコンドーム無しで行きずりのセックスをしようと思うか。

 
 そんな教育が良いか悪いか僕には分からないが、幸いにも僕を含めて友人・知人は誰も性病にかかってない。

 ただ、毛ジラミを移された奴は一人いた。

 しかも、彼はお坊さんの息子で、お父さんが頭を剃るカミソリでチン毛を剃ったと言っていた。

 そんな事をしなくても、市販の殺虫剤をチン毛に噴霧すればシラミは即死。後でぬるま湯でよく洗う。と何かの本に書かれていた。


 話は脱線したが、性病はもとより大人はもっと真剣に性教育を考えないといけないと思う。

 男の子はどうしても付き合っている女の子とセックスをしたいと思うのは仕方ないが、本当に愛するのなら、待つということ、我慢をするということを、教えねばならないと思う。

 女の子にしても初体験がどれだけ大切で、一生の思い出になるかを、性病の枠を超えて教えねばならないと思う。

 
 何故なら男と女が心で愛し合う行為は人間だけに許された特権だからだ。

 
 愛の無い性教育。そんなのは学校に必要ない!






投稿者: Nao

[編集長-ひとこと]

 性病・・・

 
 感染を防ぐには、特定の相手以外とは絶対に性行為をしなければいいだけの話である。

 
 僕の幼馴染は僕の話を聞いて、特定の売春婦とだけ性交していた。(笑)

 感染というか、発症(保菌者になっていたかも知れないけれど)しなかったけれどね。(爆)
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

4 Comments

宮崎の勤

俺の若い頃には、毛じらみ、水虫、インキン・タムシの特効薬「水銀軟膏」がまだあった。

けど、俺の地元の九州じゃ水俣病(工場廃液の水銀が原因)の影響で、水銀は敬遠されてたんだよ。そりゃ、水銀だからなあ。

で、結局、俺は毛じらみは、ママレモンで治したよ。(感染してるじゃないか)

  • 2011/04/16 (Sat) 19:12
赤城忠治

俺の元同僚は淋しい病気にかかって、彼女にふられたよ。彼女がいるのに風俗にいくからさ。

  • 2011/04/16 (Sat) 23:44
TAKA

その前に「愛とは何か?」

から教えなければならないと思いますよ。

大人でも、知らない奴が多いからね。

  • 2011/04/17 (Sun) 04:00
鼻勝

いやらしドスケベ病とか恥ずかしい名前にすれば……無理か。

  • 2011/04/17 (Sun) 16:23
  • EDIT