ジミー・ペイジに、似てるっ!

ジミー・ペイジvsのっぽさん



 のっぽさんは、英国の超絶ギタリスト ジミー・ペイジに似てるっ!

 





投稿者: FOR YOUR LOVE

[編集長-ひとこと]

 投稿者の名前は、ヤードバーズのヒット曲。それも、エリック・クラプトンが脱退するきっかけとなったポップなナンバー。

 僕は、初期のバーズはブルース色が強くて、あまり好きではないのだけれど、ジミー・ペイジが在籍していた中後期の音はけっこう好きです。

 
 で、やっぱり、激似だわ!

 確か、日本で最初に似てることを発見したのは 「ジミー・ペイジとノッポさんは同一人物説」 を唱えた、みうらじゅんだったかな?(笑)
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

6 Comments

宮崎の勤

年をとるごとに似てくるじゃやないか~

  • 2011/04/16 (Sat) 19:14
赤城忠治

のっぽさんって、「線路は続くよ、どこまでも~♪」の日本語の詩を作ったらしいね。

  • 2011/04/16 (Sat) 23:46
雑草Z

おお!似ている!

 日本の芸能人では、中村雅俊が似ていると思っていたけど、
 のっぽさんのほうがより似ているかな・・。
 写真ののっぽさんをジミーだと言われたら信じたかも・・。
昔っからジミーの大ファンだけれど、
>英国の超絶ギタリスト
って表現はしっくりこないなあ。

編集長様とは違って、私はヤードバーズもツェッぺリンも
 ブルーズ・テイストの曲が大好きです。
 ジミーは、ブルーズにパワーを持たせて、へヴィーに演奏した点が画期的で凄い。
 ツェッペリン1stは、へヴィー・ブルーズアルバムと言える。一番好きなアルバム。

  • 2011/04/17 (Sun) 00:44
  • EDIT
宮崎の勤

俺はヘビメタ以外ならなんでも聴くよ。

  • 2011/04/18 (Mon) 00:54
Anthony

雑草Zさん、僕は基本的にゴシック・ロックみたいなドロドロしたものと、ポップなものの両極端なのが好みです。

  • 2011/04/18 (Mon) 18:02
雑草Z

若い頃のジミーしか知らない人は・・・

 現在のジミーは右だと答えそう。(私もそうか・・?)
若い頃の精悍な面影はのっぽさんのほうが持っている。

 ジミーは、若い頃は男が惚れるほど凄くカッコ良かった。
 彼のギターは鋭い麻薬。
 

  • 2011/04/18 (Mon) 21:48
  • EDIT