「新聞は必要」92%…読売世論調査

 読売新聞社が15日から始まる第63回新聞週間を前に実施した全国世論調査(面接方式)で、情報や知識を得るために新聞は必要だと思う人は92%(昨年91%)に達した。

 新聞が「必要とする情報や日常生活に役立つ情報を提供している」は88%(同88%)、「事実やいろいろな立場の意見などを公平に伝えている」は70%(同69%)、「国民の人権やプライバシーを侵さないように気を配っている」は76%(同74%)となった。


(以上、読売新聞 より)



誰に聞いたか知らないが


この結果を見てますます 「新聞の報道内容は信用出来る」 に、ペケをつけたくなりますね。

 なんかもう、必死というか涙目というか、子供の言い訳というか…(笑)


 一番笑えるのは、そんな必死な言い訳記事も、読売新聞を読んでない者には殆ど知られないって事だ。

 みんなが信用してれば、みんなに信用されてると思えば、こんなアンケート要らんよねぇ。(笑)






投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとりごと]

 我が家では、新聞の宅配を7年前にやめました。

 ニュースは、TVかネットで最新のものが入手できるし、新聞の社説なんかも魅力あるものがないからね。

 紙媒体が縮小してるのは悲しいけれど、これはもう止められない。


 でも、新聞社の存在自体は、無くなっちゃ困るよね。

 ウソ製造機みたいな側面もあるけど==



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments