.神戸・高2殺害:背中にも刺し傷 執拗に追いかけ襲撃か

 神戸市北区の路上で、私立神戸弘陵学園高2年の堤将太さん(16)が殺害された事件で、堤さんの体には頭や首だけでなく、背中にも複数の刺し傷があったことが5日、兵庫県警神戸北署捜査本部への取材でわかった。県警は、逃げる堤さんを男が執拗(しつよう)に追いかけ、背後からも襲った可能性もあるとみて調べる。また、大半の傷は刃物で突き刺されたものだったこともわかった。

 司法解剖の結果、死因は首を刺されたことによる失血死。捜査本部などによると、頭頂部に切りつけられたとみられる傷があったが、その他は、いずれも突き刺した傷だった。致命傷となった首の刺し傷は深さ7~8センチまで達していた。

 堤さんと一緒にいた少女(15)は、男について20~30代で小太りと話しているという。捜査関係者によると、男は事件直前、堤さん、少女と向き合うように道の反対側に座っていたが、無言で近づき、座った状態の堤さんに、刃物を振りかざしたという。堤さんは少女に「逃げろ」と促した後、男に襲われ、横断歩道まで約70メートル逃げたところで力尽きたとみられる。


(以上、毎日新聞 より)



また神戸市北区か…


 はじめに

 少年の死を揶揄するものではないし、一日も早く真犯人の逮捕される事を願った上での記事と断っておく。


 さて、神戸市北区、猟奇殺人、首、と聞いて思い出す事はないか。

 そう 「酒鬼薔薇」 の事件 だ。


 当時から俺が言っている。「ニュータウン」 の起こした犯罪、ニュータウンが犯罪者を産むと言って過言でない、と。

 前にも書いた 「万引きに謝れというショッピングモール」 に端緒であるが、この街は全体が 「デベロッパーの客」 なのだ。

 だから甘やかされエゴで充満している。他人のエゴに関わりたくないから干渉もしないし関係も持とうとしない。

「監視されてるみたいでイヤだから」と、交番も極めて少ない。

 だから隣の息子が狂人だったとしても我が家に害のない限りは、注意もしないし出来ない。


 ハッキリ言って 「あの事件」 以降、何も変わっていないのだ。

 無論、反省もないのだろう。

「我々は被害者、善良な市民」 と頬かむりをして。

 一人一人の 「無関心」 が引き起こした、いわば 「全員加害者の関係者」 なのだ。

 今後も分からないだろう。


 一つ提案がある。ニュータウン一円高い塀で囲ってしまえ。

 誰も入って来ない、誰も出られない。

 街の中で街の常識で育ち、働き恋して子を産み育てろ。

 好きにすればいい。下界の常識に捕らわれず自治すればいい。



 そこから出なければいい。





投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 プチチ鎖国かよ~~。

 なんだか、『20世紀少年』 の中で、ともだちが関東一帯を城壁で囲んで外部と遮断していたのを思い出したよ。



 【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

2 Comments

鼻勝

プチ鎖国歴2年以上のベテラン

出たくなくても出なきゃならなくなったので出ます。

  • 2010/10/16 (Sat) 20:29
  • EDIT
Anthony

プチ鎖国というよりも引きこもり・・・

脱出してくらはい!

  • 2010/10/16 (Sat) 23:37