鳥海山 Ⅱ (山形県 遊佐町)

鳥海山山頂は、巨岩の積み重ねで植物の生える環境ではない。


 山頂にはいくつかの岩峰があり、最高点には祠がある。

 
 山頂は360度の大パノラマで、遥か遠くには、能登半島や宮城県の松島まで見られるらしい。。。。





山頂から望む日本海


山頂から望む日本海


 飛島が見える。

 
 飛島には、小物忌神社があるという。。。。。

 白い点に見えるのはフェリーである。





現代の修験者、行者か?


現代の修験者、行者か?

 
 鳥海山山頂の大物忌神社奥宮で、祈りを捧げていた。

 
 割り箸くらいの薪を井桁に組み護摩?を焚いて、気合を入れて祈っていた。


 
 一緒に祈らせてもらった。

 椿の葉の付いた枝のようなものをくべると1メートルくらい火柱が上がった。

 その瞬間に願をかけると、願い事がかなうらしい。。。。


 本当かなー。。。。(笑)














投稿者: 霧島
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ FC2ブログランキング  
学問・文化・芸術 その他へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

1 Comments

霧島

古来、

山は神が棲み、仏が棲む場所であったべ!

人は、何をもとめて山に入ったのか・・・・

山岳信仰宗教は、日本の登山の原点だ。

西洋アルピニズムの思想とは全く違うのだ!!(爆)

  • 2010/09/21 (Tue) 07:06
  • EDIT