遠野物語  9 (岩手県 遠野市)

「五百羅漢」

 NHK朝ドラ 『ゲゲゲの女房』 で人気の漫画家水木しげるさん(遠野物語の大ファンで、漫画版遠野物語を描いている)が言っている。

 「遠野の三大霊場で独特の磁場をもつ場所の一つが五百羅漢である。あとの二つは、綾織の続石と附馬牛(つきもうし)の早池峰神社である」 と。。。



 1782年に大慈寺の義山和尚という人が、天明の大飢饉で餓死した数千人もの人の霊を供養するために刻んだものである。





五百羅漢 入り口
五百羅漢 入り口
 

五百羅漢までは、「卯子酉様(うねとりさま)」 脇の山道をしばらく登ると着きます。

 
 実は、車でも行くことができるルートもあるのです。

 けっこう近場なのでビックリします。(笑)





羅漢像
羅漢像


苔むした天然の花崗岩に羅漢像が線彫りされている。

 
 広い緩斜面に累々と横たわる。

 
 深い森林の中にあり、昼でもほとんど日が差さない。

 
 独特の霊気が漂う。


 
なんだか背中がざわざわしました。







谷の最奥にある祠
谷の最奥にある祠
 

祠には小さな賽銭箱が置いてありました。

 
 谷の両側に描かれている羅漢像は、はっきりと見ることができます。


 なんと、この谷の地下には沢が流れていました。

 
 静寂と霊気と沢の流れる音と。。。。



 
 雑念が消えた!!













投稿者: 霧島




関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ← クリック投票に協力を! 編集部・執筆陣のやる気がUPします!

0 Comments