一人歩き派

ここ数年、山登りをしていて感じることは、自分自身を含めて単独行・一人歩き派が多いことです。


 山登りは、本来個人のものです。

 登りたい山を選択し、自分で計画し、自分だけの目的を持ち、そして、自分流の登り方で登る。

  一人であるがゆえに、不安と心地よさが交錯し、時間に縛られることもなく、他人に気を使うこともなく、大自然をパートナーに、自由に、思うままに歩けるという贅沢さ。

 不安と緊張感、心地良さと充実感、これこそが、一人歩き派山旅の醍醐味だと思います。


 一人であるがゆえに、感性が研ぎ澄まされ、山の景観・自然がありのままに見えてくる。。。。。

この感覚は大切にしたいものです。





会津駒ケ岳山頂直下から見た中門岳方面
会津駒ケ岳山頂直下から見た中門岳方面

駒大池で出合った会津若松から来たご夫婦。


 お邪魔虫になり、大池から山頂まで一緒に登りました。

 木道を外れてお花畑に入り一緒に写真を撮りあったりと、ほんとに仲睦まじいご夫婦でした。


 ほんとは、シングル登山だけでなく、こんな登山もしてみたい気もあるんですがね!!

 ちょっと うちでは無理なもので。。。。。。(笑)






投稿者: 霧島



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

1 Comments

霧島

山はひとりで。。。

人生いろんなしがらみがあるべ、

家庭でも、職場でも、親戚付き合いでも、
なんでもかんでも。。。

山くらい、自由勝ってに、気ままに行きたいべ!(爆)

  • 2010/03/25 (Thu) 22:49
  • EDIT