ドバイとスラム その2

ドバイのスラムのイメージ


インド総領次官の前でイキリたった男がいた。


 インド人のラドさんである。

  
「誰か俺の話を聞いてくれ!2年前にこのドバイに来てある建設会社で働いていたんだ。ところが4ヶ月前から仕事が減り、会社が給与を払わなくなったんだ。しかも、ここ最近は酷い状態なんだ。仕事をしても会社は満額の給与を支払わないんだぜ。まして、会社にパスポートを没収されているから、辞めることもできないんだ。最悪なことは、この会社を紹介してもらった仲介業者に費用を払っているから、まだ借金が残っているんだ」

   
 こんな給与不払い事件が多数しているらしい。
   
   
 中には会社と交渉をして3ヶ月分の給与を勝ち取った人や、帰国までの航空券の費用を出してもらった人もいるらしいのだが、大半が諦めてキャンプを飛び出したとのこと。

 
 ドバイは豊な国のイメージが強いですが、こんな世界とは想像がつきませんね。




投稿者: Tanoken 

[編集長-ひとこと]

 どこの世界にも人の弱みにつけこんだ悪人が存在する。

 日本では、暴力団や中国系の組織が、密入国者から甘い汁を吸おうと二重にも三重にもたかってくる。

 そんな彼らも、前世紀の奴隷貿易で富を築いた白人守銭奴に比べたら、マシなんだよねなぁ~(哀)



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

0 Comments