飯豊山信仰 Ⅰ

 「姥権現伝説」。。。。江戸時代頃から戦前まで西会津地方の村々では、男子の成人式の儀礼として飯豊山参り(登山)が行われていた。


 十三参りと称し、13歳になった男子は集団で飯豊山に登ったとのこと。

 その昔ある時、十三参り登山で、一人の男の子が遭難し行方不明になったとのこと。

 心配でいてもたってもいられなかった母親は、ついに女人禁制の禁を破り、最愛の息子を探しに飯豊山に登ってしまったのでした。

 しかし、飯豊山の神は怒り狂い、この母親を石にしてしまったそうです。それがこの「姥権現」!

 やれやれ、いまでは女性登山者のほうが多いくらいですが。。。(笑)   



#参考図書: 岩崎敏夫著 『東北の山岳信仰』





姥権現_全景

草履塚のピーク(1908メートル)から下った鞍部にある 「姥権現」


 後方に見えるのは、御秘所(おひしょorおひそ)と呼ばれる岩稜地帯。





姥権現_拡大

「姥権現」。。。。。


 少々不気味なお地蔵さん風であった。(笑)







投稿者: 霧島





【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ クリック投票に協力して下さいませっ!

3 Comments

キムチネコ

「オカマ」とか「ニューハーフ」とか「オナベ」でも

飯豊山に登っても大丈夫かな?

  • 2009/11/07 (Sat) 18:48
霧島

今でも「女人禁制」の山はあるのだ!!

http://www.on-kaiho.com/index2.html

でも、ここは、オカマでもニューハーフでも
登れるらしい・・・・(爆)

「遠野物語」によれば、山の神は「ブスな女」で
男が登れば喜ぶし、女が登れば嫉妬し怒るため
だという・・・
また、女には、生理や出産時の血の穢れが
あるからだという・・・部落差別と根底は同じか!!(爆)

  • 2009/11/09 (Mon) 20:35
  • EDIT
健康面白雑学!★apple

おはようございます!

そういう山だったんですか…
何も知らずに、30年前に登りました。

P!P!

  • 2009/11/11 (Wed) 06:07
  • EDIT